契約・購入ガイド

ポケットWiFiの乗り換えで損をしないための全知識!違約金を負担してくれるプロバイダー有り

ポケットWiFiの乗り換えで損をしないための全知識!違約金を負担してくれるプロバイダー有り

茂畑さん
ポケットWiFiを乗り換えたいんですが、更新月以外で解約すると違約金がかかるので悩んでるんですよね。

違約金を負担してくれたり、お得に乗り換える方法ってあるんですか?

トミー
こんにちは!現役通信技術者のトミーです。

他社で発生した違約金を負担してくれるプロバイダーを選んだり、キャッシュバックがあるプロバイダーを選んで違約金に充てれば、実質負担ゼロで乗り換えできますよ。

さらに、乗り換え先を何となく選んでしまうと「料金面で損をする」「繋がらない」「通信速度が遅い」など色々な問題を抱える原因になります。

この記事でわかる事

  • 乗り換え先におすすめのポケットWiFi
  • 乗り換えで失敗しないためのケース別注意点
  • 回線契約の違約金発生パターン など

この記事の著者:トミー

通信業界18年目、現役の移動体通信技術者です。
これまでに3Gの周波数再編や4G LTEの立ち上げ、災害で使用できなくなったネットワークの復旧対応、BWAのエリア構築などを行い、北海道から沖縄まで日本全国のモバイル通信を陰で支えてきました。現在は5Gのエリア構築に深く携わっています。

»本物のプロが選ぶおすすめポケットWiFiランキング(選び方解説あり)

乗り換えにおすすめ!他社で発生した違約金を負担してくれるポケットWiFi

乗り換えにおすすめ!他社で発生した違約金を負担してくれるポケットWiFi

トミー
乗り換えの理由は様々だと思いますが、他社で発生した違約金を負担してくれるプロバイダーがあるとしたら嬉しいと思いませんか?

まず最初に、他社で発生した違約金を負担してくれるポケットWi-Fiと高額キャッシュバックキャンペーンがあるポケットWi-Fiご紹介します。

乗り換えのために発生した違約金を負担してくれる、唯一のプロバイダーがBroad WiMAXです。

違約金が発生してしまうため、乗り換え出来ずにいた方におすすです。

Broad WiMAXは最大19,000円まで違約金を負担

Broad WiMAXの乗り換えキャンペーン

Broad WiMAXの乗り換えキャンペーン

通信市場ではマーケットが成熟してくると、まず価格競争が始まり、価格が底を打つと次は付加サービスで競い合うようになります。

現在のWiMAXは価格競争から、サービス競争の局面に移っています。

Broad WiMAXは20社以上あるWiMAXプロバイダーの中で最もサービスが充実しています。

特に注目すべきなのが、乗り換えのために発生した他社違約金を最大19,000円まで負担してくれる「お乗り換えキャンペーン」のサービスです。

対象は他社ポケットWiFiだけ出なく、ADSL・ケーブルTVや光回線など全てのインターネットサービスの違約金が対象です。

トミー
繰り返しになりますが、ポケットWiFiで他社の違約金を負担してくれるのはBroad WiMAXだけですよ(^^)
Broad WiMAX

20社以上あるWiMAXプロバイダーの中で、料金も安くサービスが最も充実しているのがBroad WiMAXです。

データ容量は無制限で、WiMAXの電波に加え、auの電波も併用するため使えるエリアが広く高速な通信ができます。

5Gの電波にも対応していて、ポケットWiFiの中で最もおすすめです。

月額料金2,090円〜4,708円(税込)
支払い方法が口座振替の場合+200円/月 上乗せ
最大通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
(端末により異なる)
同時接続機器数16台(端末により異なる)
速度制限一定期間内に大量のデータ通信をした場合は、ネットワーク混雑時間帯に速度制限がかかる場合有り
発送平日15時までの申し込みで当日中に発送

\ 高速5G通信がデータ容量無制限 /

Broad WiMAX 公式サイト

Broad WiMAXの違約金負担申請手順

トミー
Broad WiMAXの違約金負担制度の利用手順を解説します。

Broad WiMAXを申し込みする際、申し込みフォームに乗り換えキャンペーン適用のチェックボックスがあるので、チェックを入れます。(重要!)

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーン適用申請ボタン

Broad WiMAXの申し込みページより

申し込み完了後に、乗り換えキャンペーンの案内メールが届きます。

申し込み月を含む4ヶ月末までに契約解除料が記載された書類と、負担金の振り込み先口座情報を「shop@wimax-broad.jp」まで送ります。

申し込み月を含む6ヶ月末に振り込み先口座に負担金が振り込まれます。

注意点

  • 申し込み時にキャンペーン適用のチェックを忘れないようにする
  • 違約金が発生している契約名義と、BroadWiMAXの契約名義が違う場合はサービス適用外
  • 最大19,000円なのでそれ以上の負担はありません
【Broad WiMAXレビュー】みんなの評判・口コミは?実際に使って検証してみた!

続きを見る

キャッシュバック有りのプロバイダーを選んで違約金に充てる

キャッシュバック有りのプロバイダーを選んで違約金に充てる

WiMAXで最も高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているのが、GMOインターネットのとくとくBB WiMAXです。

WiMAXへの乗り換えで、高額キャッシュバックキャンペーンを探しているのであれば、とくとくBB一択で間違いないです。

キャッシュバック額は期間限定で増額される事がたまに有ります。

GMOインターネット キャプチャ

画像出典:GMOインターネット

GMOとくとくBB

とくとくBBのWiMAXは、高額キャッシュバックで有名なWiMAXプロバイダーです。

大手ISPのGMOインターネットが運営する安心感もあり、加入者も多いです。

端末は無料提供で、申し込み後に即日発送の対応をしてくれます。

月額料金4,158円〜4,708円(税込)
最大通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
(端末により異なる)
同時接続機器数16台(端末により異なる)
速度制限一定期間内に大量のデータ通信をした場合は、ネットワーク混雑時間帯に速度制限がかかる場合有り
発送平日15:30まで、土日祝日14:00までの申し込みで当日発送

とくとくBB WiMAX 公式サイト

とくとくBB WiMAXのキャッシュバック申請手順

トミー
とくとくBB WiMAXのキャッシュバック申請手順を解説します。
とくとくBB WiMAXのキャッシュバック申請手順

画像出典:GMOインターネット

契約11ヶ月目に、キャッシュバックの案内メールが届きます。

振り込み先の口座を指定してメールに返信する。(31日が締め切りで、過ぎてしまうと貰えません)

翌月末にキャッシュバックが指定口座に振り込まれます。

注意点

  • キャッシュバックがもらえるのは約1年後
  • キャッシュバックの案内は11ヶ月目に来る
  • 申請は自らする必要が有り忘れるともらえない
GMOとくとくBB WiMAXの口コミ・評判は?メリット・デメリットも解説

続きを見る

【ケース別】ポケットWiFiの乗り換えで失敗しないための注意点

【ケース別】ポケットWiFiの乗り換えで失敗しないための注意点

トミー
今どんな事に不満があるのか、乗り換え先ではどんな事が良くなったら良いのかを想像してみましょう。

乗り換えする理由は?

  • 通信速度が遅い
  • 通信制限が不満
  • なかなか繋がらない
  • 料金が不満
  • そろそろ契約期間が終了する

共通で確認が必要なのは、料金・速度・エリア・速度制限・契約期間です。

これらに大きな差異がない場合は、サービスの多さなどで決めてOKです。

各パターンの注意点を解説します。

ポケットWiFiからWiMAXへの乗り換え

WiMAXはモバイル通信の電波では比較的高い周波数の電波を使用しているため、高速な通信が可能です。(データの通り道を広く取れるため)

さらに、auの4G・5G電波も併用するため高速で大容量の通信が可能です。

データ容量は無制限で使用できますが、一定期間内に大量のデータ通信をすると、ネットワーク混雑時間帯に速度制限がかかる場合が有ります。

トミー
これは全てのWiMAXプロバイダーの共通ルールです。

WiMAXからWiMAXへの乗り換え

WiMAXはUQコミュニケーションズが自社ブランドのUQ WiMAXを運営しています。

この他にもMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる、20社以上の事業者がWiMAXの電波をUQコミュニケーションズから借りてサービスを運営しています。

同じ基地局の電波を使用するため、使えるエリアはどこのプロバイダーでも全く同じで、通信品質も殆ど変わりません。

トミー
料金、契約年数、auスマートバリュー(auスマホユーザーの割引制度)、UQmobile自宅セット割(UQスマホユーザーの割引制度)が使用できるか、サービスの多さを確認するようにしましょう。

WiMAXから別のポケットWiFiへの乗り換え

WiMAXではどのプロバイダーで契約しても使えるエリアは変わりませんが、他のポケットWi-Fiでは通信キャリア毎に使用できるエリアは異なります。

通信可能なエリアを必ずプロバイダーのエリアマップで確認するようにしましょう。

au・docomo・SoftBankなど複数キャリアの回線を使用するクラウド、SIMというテクノロジーも存在しますが、最大通信速度は使用する回線ではなく端末のスペックに依存する事に注意が必要です。

特に今後、4G回線は5G回線にどんどん置換されていきますので、4Gのエリアや通信品質は先細りになっていきます。

トミー
4G回線のみを使用する端末を選んでしまうと、後々、通信品質の面でストレスを感じる原因になるのでお気をつけください。
クラウドSIMの仕組みをプロが徹底解説!メリット・デメリットは?

続きを見る

固定回線からポケットWiFiへの乗り換え

ポケットWiFiは場所を問わずにどこでも使用できるという大きなメリットが生じる反面、光回線などと比較すると安定性には欠けます。

ポケットWiFiは電波を使用するため、住環境や天候などに左右されやすいです。

使用できるエリアは、プロバイダーのホームページでエリアマップが公開されていますので、必ず確認するようにしましょう

トミー
ポケットWiFiは固定回線と比べると比較的安価なため、節約のために乗り換える方も多いです。

通信の契約は契約期間の把握がとても重要!

通信の契約は契約期間の把握がとても重要!

通信の契約には基本的には契約期間があります。

契約期間の途中で解約をする場合には、違約金として今後支払う予定だった料金の全額・もしくは一部を納めます。

電気やガスなどの生活インフラと比べると、通信インフラは設備投資にかかる費用が大きく、契約者で少しづつシェアするような形になっているためです。

自社で通信設備を待たずに運用しているMVNO(仮想移動体通信事業者)も、MNO(大手通信事業者)に設備を借りているという立場から同じように契約期間を設けています。

ですので、無駄な違約金を払わずに乗り換えをするためにも、ご自身の通信契約の契約期間・更新月を把握しておくことはとても重要です。

トミー
簡単に言うと「もし途中で辞めるなら残りの料金を払ってくださいね」

「使ってないのに全額だとさすがに申し訳ないので、契約期間によって安くしますよ」と言う感じです。

契約期間と違約金のパターンは主に以下の3パターンです。

回線契約のパターン

  1. 更新月以外の解約は違約金が発生
  2. 契約期間満了後であればいつ解約しても違約金無し
  3. 契約期間の縛りなしで、いつ解約しても違約金無し

このパターンが主流

1.更新月以外の解約は違約金が発生

契約期間が1年・2年・3年など予め決まっているパターンです。

契約満了月(契約月)以外の解約は、違約金が発生します。

例えば2年縛りと謳っていても、更新月以外は少額ながらも違約金がかかる事に注意が必要です。

プロバイダー側に解約の申告をしない限り次の契約が自動更新される事が多いです(自動更新されないパターンも有り)

ほとんどの通信事業者はこのパターンを採用していますが、docomoは更新月と前後1ヶ月の合計3ヶ月間を更新月としていて、この期間の解約は違約金が発生しません。

1.更新月以外の解約は違約金が発生

違約金発生パターンの一例

2.契約期間満了後であればいつ解約しても違約金無し

決められた契約期間満了後は、いつ解約しても違約金発生はないパターンです。

最低利用期間は数ヶ月〜1年・2年・3年など色々なパターンがあります。

BIGLOBE WiMAXがこのパターンを採用しています。

2.契約期間満了後であればいつ解約しても違約金無し

違約金発生パターンの一例

3.契約期間の縛りなしで、いつ解約しても違約金無し

縛り期間は無しなので、いつ解約しても違約金が発生することが有りません。

ただし、契約の縛り期間があるプランと比べて、利用料金が割高な傾向があります。

短期間利用の場合はメリットがありますが、長期的な利用では縛り有りのプランと比べると高くついてしまう事が多いです。

楽天モバイルがこのタイプを採用しています。

3.契約期間の縛りなしで、いつ解約しても違約金無し

違約金無し

【まとめ】ポケットWiFi の乗り換えをおトクにする方法

【まとめ】ポケットWiFi の乗り換え

トミー
最後にこの記事のまとめをしてみましょう。

まとめ

  • 違約金負担や、キャッシュバックが有るプロバイダーを選べばおトクに乗り換え可能
  • 乗り換え先で確認が必要なのは、料金・速度・エリア・速度制限・契約期間
  • 上記にほとんど差異がない場合は、サービスの多さなどで決定しましょう
  • 通信契約は違約金の対象にならないように契約期間の把握をしましょう

乗り換えにおすすめ

  • Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は、ポケットWiFiで他社の違約金を負担してくれる唯一のプロバイダー
  • 対象他社ポケットWiFiだけでなく、全てののインターネット回線が対象
  • 違約金は最大19,000円まで負担

人気記事最強ポケットWi-Fi決定戦!現役通信技術者が選ぶ最新おすすめランキング

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でも5G対応のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

  • 高周波数帯域の電波利用で帯域幅が広く高速大容量の通信が可能 
  • 全国のWiMAX独自エリアに加えて、au 4G・5Gのエリアを使用するため、通信速度と繋がりやすさの両方を実現
  • 2020年4月以降、帯域幅が全国で順次拡張されるためWiMAX2+のスピードがさらにアップ
  • 2022年秋以降、一部地域で5G対応のWiMAX3(仮称)がスタート

注意点

  • 一定期間内に大量のデータ通信をした場合は、ネットワーク混雑時間帯に速度制限の場合あり
  • オプションの通信モードは15GB/月の制限あり

 

人気記事最強ポケットWi-Fi決定戦!現役通信技術者が選ぶ最新おすすめランキング

Broad WiMAX

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ容量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • auかUQスマホ利用者は割引有り
  • オプションの通信モードが無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+とau 4G・5Gの高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

 

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • 最新端末が全て無料
  • データ容量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • オプションの通信モードが無料

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

 

BIGLOBE WiMAX

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金4,378円〜4,928円のギガ放題プラス1択で、ご利用には端末を購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリュー、UQ自宅セット割の割引制度も使えます。

 

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界18年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 当サイトの記事を全て執筆、作図や動画編集も含め全て一人で行っています。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-契約・購入ガイド