Wi−Fiルーター

Speed Wi-Fi NEXT WX06のスペックを徹底解説!WX05との比較もしてみた

Speed Wi-Fi NEXT WX06のスペックを徹底解説!WX05との比較もしてみた

NECプラットフォームズ製、2020年モデルのモバイルWiMAXルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」のスペックと特徴を徹底解説いたします!

トミー
前モデルのWX05からどのようにパワーアップしたのか?また、ライバルであるHUAWEI製ルーターとの性能も比較してみました。

同時期に販売開始する、ホームタイプのWiMAX HOME 02の情報は以下をご覧ください。

WiMAX HOME 02ホームルーターのスペックを徹底解説!前モデルとの違いは?

【スペック】Speed Wi-Fi NEXT WX06の特徴を徹底解説!

トミー
WX06も前モデルのデザインを踏襲したNECらしいデザインのモバイルタイプルーターです。

暗闇に光るオーロラのようなライムグリーンと、クリーンなイメージのクラウドホワイトの2色展開です。

Speed Wi-Fi NEXT WX06のスペック
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
カラー ライムグリーン/クラウドホワイト
対応通信規格(WAN) WiMAX2+/LTE
最大通信速度 ハイスピードモード
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
連続動作時間 ハイスピードモード
最大約840分
ハイスピードプラスエリアモード
最大約800分
連続待受時間 休止状態:約700時間
ウェイティング時:約45時間
最大同時接続台数 Wi−Fi:16台/USB:1台
対応Wi-Fi通信規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
Bluetoothインターフェース Bluetooth4.0 ワイヤレステクノロジー準拠
周波数:2.4GHz帯
USBインターフェース USB2.0コネクタ(Type C)×1
バッテリー容量 3,200mAh 定格3.8V
充電時間:120分(メーカー純正アダプタ使用時)
サイズ 約111(横幅)× 62(高さ)× 13.3(奥行き)mm
重量 約127g
SIMカードスロット au Nano IC Card 04 LE U×1
内臓アンテナ Wi-Fi:送信2×受信2
WiMAX 2+:送信1×受信4
LTE:送信1×受信2
クレードル 別売

本体イメージ

Speed Wi-Fi NEXT WX06

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

クレードル使用時

Speed Wi-Fi NEXT WX06

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

WiMAX初!周波数2.4/5GHzの同時利用が可能

WiMAX初!周波数2.4/5GHzの同時が利用可能

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

WiMAXルーターとしては初めて2.4/5GHzの同時利用が可能な Wi-Fiルーターです。

また、定期的に周辺の電波環境を判断して最適な周波数でWi-Fi接続する、バンドステアリング機能を搭載しています。

これにより、従来の電波干渉の影響を受ける事が少なく、安定した通信が可能になります。

バンドステアリング機能の恩恵を受けるには、スマホなどの接続機器側が2.4/5GHz両方に対応している事と、802.11vへの対応が必要です。

802.11vnは、iPhoneであればiPhone 5c、iPhone 5s 以降が対応しています。

トミー
最近では当たり前になったBluetoothのワイヤレス・イヤホンですが、実は2.4GHzを使用しています。

そのためWi-Fiの電波と干渉すると、通信速度にとても影響を与えてしまうんですよね。

QRコードで簡単にネット接続可能

QRコードで簡単にネット接続可能

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

ルーター本体側でQRコードを表示させて、スマホなどの接続機器側でQRコードを読み取るだけでルーターとの接続が可能です。

この機能は、iOS11.0、iPadOS13.0、Android 10以降の接続機器が対応です。

トミー
わざわざ接続機器側でルーターのSSIDを探して、パスワードを入力する必要がないのは便利ですね。

ディスプレイで視覚的にデータ消費量の把握が可能

ディスプレイで視覚的にデータ消費量の把握が可能

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

データ使用量が、本体側でグラフィカルに表示されるため、一目でデータ使用量の確認が可能です。

3日間のデータ使用量と、ハイスピードプラスエリアモードの月次データ消費量を確認する事ができます。

WiMAXは高速大容量の通信が可能ですが、直近3日間のデータ消費が10GBを超えると、翌日に1日だけ緩やかな通信速度制限(1Mbps)が掛かります。

(これはUQWiMAXをはじめとする、全てのWiMAXプロバイダーでの共通ルールです)

このため、消費したデータ容量の管理が多少必要になります。

クレードルの性能アップで繋がりやすさ向上

クレードルの性能アップで繋がりやすさ向上

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

WXシリーズの嬉しい点として、クレードル(別売)を製造し続け、自宅でも使用したい人のニーズにしっかりと応えている点です。

今回は、WiMAX2+側(WAN側)のウイングアンテナが左右2本ずつ、合計4本に拡張され、基地局からの電波をより受信し易い仕様に改良されています。

電波が悪い場所では、クレードルを使用しない場合と比べて、約60%ほど通信速度が向上するとメーカーからは発表されています。

トミー
全国のクレードルファンの皆さん、安心してください。

今回もちゃんとあります!しかも性能がパワーアップしています!

Wi-Fi6(11ax)には対応していない

最新のWi-Fi通信規格のWi-Fi6(11ac)には対応していません。

AppleではiPhone11からWi-Fi6(11ax)での通信が可能となっているので、Wi-Fi6(11ax)対応のスマホをWi-Fi5(11ac)を使用して通信する事になります。

Wi-Fi6とWi-Fi5では通信速度が大きく異なりますので、少し残念な点です。

Wi-Fiアライアンス呼称 IEEE規格名 最大実行速度
Wi-Fi 4 IEEE802.11n 600Mbps
Wi-Fi 5 IEEE802.11ac 6.9Gbps
Wi-Fi 6 IEEE802.11ax 9.6Gbps

前モデルSpeed Wi-Fi NEXT WX05との比較

Speed Wi-Fi NEXT WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

Speed Wi-Fi NEXT WX05

Speed Wi-Fi NEXT WX05

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

トミー
前モデルのWX05と比較をしてみました。

本体サイズ、バッテリー容量は、WX05と全く同じです。

WX05からの変更点は以下です。

前モデルからの変更点

  • Wi-Fi利用時の最大同時接続機器数が、10台から16台に6台増えた
  • 充電時間が160分から120分に40分短縮
  • ウェイティング時の連続待受時間が、50時間から45時間に、5時間少なくなっている
  • 重量が127gから128gに1g増えている
モデル名 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT WX05
カラー ライムグリーン/クラウドホワイト ソニックレッド/ピュアホワイト
対応通信規格(WAN) WiMAX2+/LTE
最大通信速度 ハイスピードモード
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
連続動作時間 ハイスピードモード
最大約840分
ハイスピードプラスエリアモード
最大約800分
連続待受時間 休止状態:約700時間/ウェイティング時:約45時間 休止状態:約700時間/ウェイティング時:約50時間
最大同時接続台数 Wi−Fi1:16台/USB1:台 Wi-Fi:10台/USB:1台/Bluetooth:3台
対応Wi-Fi通信規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
Bluetoothインターフェース Bluetooth4.0 ワイヤレステクノロジー準拠
周波数:2.4GHz帯(2,402~2,480MHz 79ch)
USBインターフェース USB2.0コネクタ(Type C)×1
バッテリー容量 3,200mAh 定格3.8V
充電時間:120分(メーカー純正アダプタ使用時)
3,200mAh 定格3.8V
充電時間:160分(メーカー純正アダプタ使用時)
サイズ 約111(横幅)× 62(高さ)× 13.3(奥行き)mm
重量 約127g 約128g
SIMカードスロット au Nano IC Card 04 LE U×1
アンテナ Wi-Fi:送信2×受信2(内蔵アンテナ)
WiMAX 2+:送信1×受信4(内蔵アンテナ)
LTE:送信1×受信2(内蔵アンテナ)
クレードル 別売

HUAWEI製Speed Wi-Fi NEXT W06との比較

Speed Wi-Fi NEXT WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

編集長使用中の私物

現在、WiMAX対応のルーターはHUAWEIファーウェイ(中国)と、NECプラットフォームズ(日本)の2社が製造しています。

製品名がほとんど同じため若干紛らわしいですが、見分け方は簡単です。

モデル名にWX06というように「X」が付く方がNECプラットフォームズ製、何もつかない方がHUAWEI製です。

メーカーによるモデル名の違い

  • Speed Wi-Fi NEXT WX06(NECプラットフォームズ製)
  • Speed Wi-Fi NEXT W06(HUAWEI製)
モデル名 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI
カラー ライムグリーン/クラウドホワイト ブラック×ブルー/ホワイト×シルバー
対応通信規格(WAN) WiMAX2+/LTE
最大通信速度 下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
下り最大:1237Mbps
上り最大:75Mbps
連続動作時間 最大約840分 最大約540分
連続待受時間 約700時間 約800時間
最大同時接続台数 16台 16台
対応Wi-Fi通信規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
USBインターフェース USB2.0コネクタ(Type C)×1
バッテリー容量 3,200mAh
充電時間:120分(メーカー純正アダプタ使用時)
3,000mAh
充電時間:140分(メーカー純正アダプタ使用時)
サイズ 約111(横幅)× 62(高さ)× 13.3(奥行き)mm 約128(横幅)×64(高さ)×11.9(奥行き)mm
重量 約127g 約125g
SIMカードスロット au Nano IC Card 04 LE U×1
クレードル 別売 なし

1点注意が必要なのが、WX06はNECの2020年モデルW06はHUAWEIの2019年モデルなので、型番表記上ではWXシリーズの方が1年ビハインドとなっています。

つまり、WX06とW06を比較しても、2020年モデルと2019年モデルを比較する事になります。

※本記事執筆の1月中旬時点では、HUAWEI製2020年モデルの詳細は未発表です。

詳細発表され次第、こちらの記事でご紹介させて頂きます。

まとめ

まとめ

トミー
NECプラットフォームズ製のSpeed Wi-Fi NEXT WX06は、従来モデルからのデザインを引き継いだシンプルなデザインです。

外出先だけではなく、ご自宅でも使用する人にはクレードルが利用できるため、とてもおすすめです。

最後にSpeed Wi-Fi NEXT WX06の特徴をまとめてみましょう。

まとめ

  • Wi-Fi周波数5GHzと2.4GHzの同時利用が可能(WiMAXルーター初)
  • バンドステアリング機能で電波干渉の影響を少なくできる
  • 最大通信速度は下り440Mbps、上り75Mbps
  • 最大同時接続機器数は16台
  • 接続機器側でQRコードを読み取るだけでネット接続可能
  • 本体ディスプレイでデータ消費量の確認が一目でできる
  • クレードルのアンテナ(WAN側)が、2本から4本に増設され繋がりやすさ向上
  • Wi-Fi6(11ax)には非対応

Speed Wi-Fi NEXT WX06の契約はBroadWiMAXがおすすめです。

なぜなら、端末代は無料で、月額料金が安く、WiMAXプロバイダーの中で最も周辺サービスが充実しているからです。

他社から乗り換えの場合は違約金を負担してくれたり、実際に使ってみて通信品質が悪い場合は、クラウドSIM利用の「どんなときもWiFi」や、指定の光回線などに違約金なしで乗り換え可能です。

違約金支払いのために、身動きが取れなくなる事がないです。

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

なぜBroad WiMAX?

注意点

  • クレジットカード払いを選択しないと初期費用17,580円が発生
  • 3日で10GBを消費した翌日は緩い速度制限がある
  • auの電波を使うHS+Aモードは7GB/月の制限あり

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

BIGLOBE WiMAX

「BIGLOBE WiMAX 2+」

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金3,980円のギガ放題プラン1択で、ご利用には端末をご自身で購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界16年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 モバイル関連製品のレビューや寄稿、通信環境のコンサルティング承っております。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-Wi−Fiルーター
-

© 2020 ポケットWi-Fiのリアル