基礎知識

ポケットWi-Fiは海上で使える?繋がる場合と繋がらない場合の違いを解説

ポケットWi-Fiは海上で使える?繋がる場合と繋がらない場合の違いを解説

茂畑さん
今度海釣りに行こうと思ってるんですが、ポケットWi-Fiは海の上でも使えるんでしょうか?
トミー
海上では残念ながら、使える場合と繋がらない場合があるんですよ。

今回はその違いについて、分かりやすく解説していきますね。

海上では陸地からの電波が届く範囲まで使用可能

ポケットWi-Fiやスマートフォンなどのモバイル通信では、最寄り基地局の電波を使用します。

海の上には基地局を作る事ができないので、陸地からの電波が届く範囲でしか通信する事ができません。

陸から離れて沖に出れば出るほど、基地局からの電波は届きにくくなるため、繋がらなくなくなります。

海上では陸地からの電波が届く範囲まで使用可能

海上での電波到達イメージ

茂畑さん
使えるか使えないかの違いは、陸からの電波が届くかなんですね。
トミー
そうですね。どれくらいの距離まで届くのかは次で詳しく解説します。

陸地からの電波はどれくらい沖まで届くのか?

陸地からの電波はどれくらい沖まで届くのか?

結論ですが、通信事業者が公開しているエリアマップ上では、陸地から大体 7〜10km程度までの範囲内で使用可能と読み取れます。

ただし、通信モードによっては使用できない場合もありますので注意が必要です。

また、エリアマップ上では使用可能となっていても、基地局アンテナのビーム方向や、電波の海面反射など、様々な要素が影響してくるため、絶対に使用できるという意味ではありません。

参考程度にするようにしましょう。

トミー
通信事業者が公開しているエリアマップを実際に確認してみましょう。

WiMAX / au

WiMAXの電波を使用するHSモードと、au LTEの電波を使用するHS+Aモードのマップです。

WiMAXのエリアマップ

WiMAXのエリアマップ

au4G LTEのエリアマップ

au4G LTEのエリアマップ

あくまでもエリアマップ上からは、WiMAXの海上対策はしていないように見えます。

au LTEの電波を使用するHS+Aモードであれば使用可能です。

Y!mobile / SoftBank

WiMAXのと同じく、Y!mobileの電波(AXGP)は、海上対策はされてないようにマップ上では見受けられます。

Y!mobileのエリアマップ

Y!mobileのエリアマップ

SoftBankのエリアマップ

SoftBankのエリアマップ

周波数の違いなどでも電波が届く距離は変わる

周波数の違いなどでも電波が届く距離は変わる

電波は周波数によって、遠くまで飛ぶ帯域とそうでない帯域があります。

低い周波数の電波は、障害物に強く遠くまで飛びますが、高周波数と比較すると通信速度は劣ります。

一方で、高い周波数の電波は遠くまで飛びにくいですが、低周波数に比べてデータの通り道を広く取れるため、通信速度の面では有利です。

通信速度と電波が遠く距離の関係

遅い

速度

速い

長い

距離

短い

  • 700MHz (4G)
  • 800MHz (4G)
  • 1.5GHz (4G)
  • 2.0GHz (4G)
  • 3.7GHz (5G)
  • 4.5GHz (5G)
  • 28GHz (5G)
茂畑さん
通信速度と電波が届く距離は相反するって事ですね。
トミー
ちなみに、5G(世代)の通信では、4G(世代)で使用している周波数よりも高い周波数の電波を使用するため、高速な通信が可能になっています。

船舶が通信できるのは衛星回線を使っているため

船舶が通信できるのは衛星回線を使っているため

海上での衛星回線利用イメージ

海上での衛星回線利用イメージ

陸地からの電波が届かない沖では衛星回線を使用して通信しています。

衛星回線の利用には特殊な設備が必要なのと、インマルサットやユーテルサットなどの衛星通信会社との利用契約が必要です。

何もない海の上で通信できるのは嬉しいですが、人工衛星経由のため料金も高く通信速度もそれほど出ません。

まとめ

まとめ

トミー
最後にこの記事のまとめです。

まとめ

  • 海の上には基地局を作る事ができないので、陸地からの電波が届く範囲でしか通信する事ができない
  • 通信事業者が公開しているエリアマップ上では、陸地から大体 5〜10km程度までの範囲内で使用可能
  • 通信モードにや事業者によっては使用できない場合もあるので、アリアマップで確認が必要
  • 陸地からの電波が届かない海上で船舶が通信できるのは、衛星回線を使っているため
知っておくと役に立つ!ポケットWiFiが繋がらない場所はこんな所

続きを見る

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

なぜBroad WiMAX?

注意点

  • クレジットカード払いを選択しないと初期費用17,580円が発生
  • 3日で10GBを消費した翌日は緩い速度制限がある
  • auの電波を使うHS+Aモードは7GB/月の制限あり

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

BIGLOBE WiMAX

「BIGLOBE WiMAX 2+」

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金3,980円のギガ放題プラン1択で、ご利用には端末をご自身で購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界16年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 モバイル関連製品のレビューや寄稿、通信環境のコンサルティング承っております。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-基礎知識

© 2020 ポケットWi-Fiのリアル