プロバイダー

【Rakuten WiFi Pocket】楽天のポケットWiFiをプロがレビュー!メリット・デメリットは?

【Rakuten WiFi Pocket】楽天のポケットWiFiをプロがレビュー!メリット・デメリットは?

トミー
こんにちは!移動体通信エンジニアのトミーです。

2020年にサービスを開始した楽天モバイルから、ポケットWi-Fiが登場しました!

早速使ってみましたので、詳しくレビューします。

契約を検討している方は、ぜひ目を通してみてください。

この記事でわかる事

  • 料金やサービスの特徴・おすすめポイント
  • 端末のスペックや実機レビュー
  • デメリットと注意が必要なポイント
  • SNS上での口コミ・評判
  • 実際に使ってみたプロの評価 など

Rakuten WiFi Pocketとは?サービスの特徴

Rakuten WiFi Pocket

画像出典:楽天モバイル 公式サイト

契約期間 縛りなし
月額料金 2,980円(税別)
先着300万人限定、1年間0円
事務手数料 無料
支払い方法 クレジットカード/デビットカード
口座振替
楽天ポイント支払い
契約違約金 なし
Rakuten WiFi Pocketの
サービスエリア
全国の楽天4G回線エリア及び
一部パートナー回線エリア
通信容量 楽天自社回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:50GB/月(容量超過後は1Mbpsに速度制限)
運営会社 楽天モバイル株式会社
トミー
申し込み内容によって使える支払方法が異なりますので、詳しくは公式サイトをご確認ください。

パートナー回線エリアと自社回線エリアの違いは?

楽天モバイル サービスエリアマップ

楽天モバイル サービスエリアマップ

楽天モバイルは5Gから市場に本格参入のため、総務省から4G電波の周波数は、1.7GHz(バンド3)のみ与えられています。

しかしながら、1.7GHz(バンド3)一つの周波数だけでは、全ての4Gエリアをカバーする事はできないので、auのプラチナバンド800MHz(バンド18)を一部使用して運用しています。

このau回線を借用しているエリアを、パートナーエリア(ローミングエリア)と言います。

5Gエリアのネットワークに関しては、全て楽天自社で構築しています。

トミー
プラチナバンドを使用できないと、繋がりやすさの面で悪影響が出てしまうんですよね。

取扱ルーターR310のスペック

Rakuten WiFi Pocket R310 表面

Rakuten WiFi Pocket R310(裏面)

R310の基本スペック
モデル名 R310
価格 9,073円(税込)
キャンペーン期間中は実質0円
ホワイト / ブラック
サイズ 94.5mm × 61.2mm × 17.1mm
重量 約100 g(電池パックを含む)
ケーブル端子 microUSB
SIMスロット 標準SIM×1
充電容量 3000mAh
充電時間 AC アダプタ-:4.5時間
パソコン接続:5時間
機能 WPS、QRコード読み取り接続
下り最大通信速度 150Mbps
上り最大通信速度 50Mbps
同時接続台数 10台
対応WiFi通信規格 IEEE802.11 b/g/n
連続待受時間 約300時間
連続使用可能時間 約10時間
使用可能周波数 FD-LTE:1/3/8/11/18/19/21/28
TD-LTE:41
3G: 1/5/6/8/19
製造元 Shenzhen Harvilon Technology Co.,Ltd.
トミー
ルーターは、2006年に設立された中国のハーヴィロンという通信機器メーカーの物です。

実機レビューはこちらからどうぞ。

Rakuten WiFi Pocketのすごいメリット

Rakuten WiFi Pocketのすごいメリット

楽天は現在、「タダでも良いから、とにかく使って体験してほしい」という、お試し期間でユーザーの獲得に力を入れています。

通常ではあり得ない、大赤字も良いところの大サービスだと思います。

メリット

  • 1年間無料(300万人限定)
  • アンケートに答えると端末代が実質0円
  • 契約期間の縛りなし

1年間無料(300万人限定)

楽天モバイルは、300万人限定で通常2,980円の月額料金を1年間無料のサービスを行っています。

2021年1月時点で、既に申込者は200万人を突破していますので、折り返しを過ぎています。

トミー
ちなみに契約事務手数も無料です。

アンケートに答えると端末代が実質0円

端末と回線のセットで申し込む事が条件ですが、キャンペーン期間中は通常9,073円(税抜)の端末代が1円で提供されます。

さらにアンケートに答えると、楽天ポイントが1ポイント還元されるため、実質0円で端末がもらえます。

キャンペーン期間

  • ネット申込み:2020年12月8日(火) ~終了日時未定
  • 店頭:2020年12月25日(金)~終了日時未定

契約期間の縛りなし

今回1年間無料のキャンペーンを行っているRakuten UN-LIMIT Ⅴは、いつ解約しても契約解除料が0円です。

この他にも、SIM再発行の手数料や、MNP転出手数料など、他社では料金が発生する手続きも無料になっています。

Rakuten WiFi Pocketのデメリットと注意点

Rakuten WiFi Pocketのデメリットと注意点

仕事で使う予定の方や、動画やゲームなどでデータ消費量が多めの方は、楽天回線エリアの確認が必須です。

理由を詳しく解説します。

エリア確認は、楽天モバイル公式サイトからどうぞ。

デメリットと注意点

  • 現在取扱のルーターは4G通信のみ対応
  • 5GB/月を超えると1Mbpsに制限の場合あり
  • パートナーエリアの契約終了後が少し心配

現在取扱のルーターは4G通信のみ対応

端末が4Gにしか対応していないため、楽天の5Gエリア内であっても5G通信には対応していません。

使用できる周波数が、1.7GHzと、auの800MHzの2種類のため、エリアによっては繋がりやすさに不安が残る可能性もありそうです。

トミー
今後5G対応のルーターが発売される事に期待しましょう。

5GB/月を超えると1Mbpsに制限の場合あり

注意しておきたいのが、4Gのパートナー回線エリアでは、5GB/月を超えると1Mbpsの通信速度に制限されます。

楽天の4G通信では、自社回線エリア(楽天1.7GHz)か、パートナー回線エリア(au800MHz)を使って通信することになりますが、どちらを使用するかはユーザー側で選ぶ事ができません。

使用中にどちらの電波を掴んでいるかは、my楽天モバイルのアプリで確認することができます。

自社回線エリアではデータ容量無制限です。

トミー
無料で使えるだけありがたいですが、データ容量をガンガン使う人には少し物足りなく感じるかもしれません。

パートナーエリアの契約終了後が少し心配

繰り返しになりますが、楽天は5Gから本格参入のため、4G周波数の一部をパートナーのKDDI(au)から借用しています。

このKDDI(au)とのローミング契約は、都道府県ごとに自社エリアの人口カバー率が70%を超えた時点で、楽天とKDDIが協議し、契約の継続・終了を決める事になっています。

KDDIとの契約終了後に自社の1.7GHzだけで、どこまで繋がりやすさを維持できるか少し心配な部分でもあります。

ルーター(R310)の実機レビュー

トミー
R310を使ってみましたので詳細をレビューします。

Rakuten WiFi Pocketの化粧箱

トミー
本体はお洒落な化粧箱に入っています。
Rakuten WiFi Pocket R310の付属品

R310の付属品

トミー
R310の付属品です。

この他に製品マニュアルも同梱されています。

Rakuten WiFi Pocket R310 表面

トミー
シンプルなデザインです。

ホワイトとブラックの2色展開ですが、僕はホワイトを選びました。

Rakuten WiFi Pocket R310 裏面

トミー
裏面に楽天市場でお馴染みの、お買い物パンダが描かれてます。

かわいいですね。

Rakuten WiFi Pocket R310 USBインターフェース

USBインターフェース

トミー
USBインターフェースの形状は、microUSBです。

Rakuten WiFi Pocket R310 側面

トミー
操作ボタンは、本体右側面WPSと電源の2つです。

すぐ横にストラップホールもあります。

Rakuten WiFi Pocket R310 内部

トミー
裏蓋を開けると標準SIMスロット(右側)とSDカードスロット(左側)があります。
Rakuten WiFi Pocket R310 重量計測

重量は102g

トミー
重量を測ってみると、102gでした。

公式の重量が100gですが誤差の範囲ですね。

ちなみに身近な物だと100gは、コンビニの肉まん程度の重量です。

Rakuten WiFi Pocket R310

トミー
電源を投入した所です。

余計な機能が付いていないので起動が早いです。

Rakutenのロゴが良い感じですね。

Rakuten WiFi Pocket R310

トミー
Wi-Fi接続している機器の台数、データ消費量、電池残量の確認画面です。

Rakuten WiFi Pocket R310

トミー
Wi-Fi接続に必要なSSIDとパスワードの確認画面です。

この他にQRコードをスマホで読み込んでWi-Fi接続する画面もあります。

Rakuten WiFi Pocketの口コミ・評判は?

Rakuten WiFi Pocketの口コミ・評判は?

トミー
申込みを検討している方は、実際に使用しているユーザーのコメントを、SNS上で確認するのが一番参考になります。

通信キャリアもSNS上の評判には目を光らせていて「繋がらない」などの投稿に、解決策のコメントをくれる場合もあります。

それでは、早速確認してみましょう。

良い口コミ・評判

トミー
良い口コミを確認してみると「1年無料で使えるのが嬉しい」という投稿が一番多かったです。

これだけ太っ腹のキャンペーンをしているので、当然と言えば当然ですね。

トミー
気になる通信品質に関しては「楽天回線のエリア内では、快適に使用できる」という口コミが多く見られます。

パートナー回線のエリアでは、賛否両論あるようです。

悪い口コミ・評判

トミー
悪い口コミを確認してみると、「楽天回線のエリアなのに繋がらない」というコメントや、通信品質に関するコメントが多い印象を受けました。

トミー
パートナー回線エリアに関しては、auから帯域の一部を借用しているので、auと全く同じレベルの通信速度が出ることはありません。

この部分を不満に感じているユーザーが一定数いるように思いました。

【最後に】使ってみた感想とまとめ

【最後に】使ってみた感想とまとめ

トミー
僕が使ってみた感想ですが、動画やオンラインゲームなどで容量を激しく使う人には、少し物足りなく感じるかもしれません。

ただし、楽天自社回線エリア内であれば、高速のまま無制限で利用できるので重宝しそうです。

1年間無料、事務手数料もタダ、解約違約金もなしなので、迷ってる位なら使ってみて実際に体験してみる事をおすすめします。

まずはエリアを確認してみましょう。

まとめ

  • 現在取扱のルーターは4G通信のみ対応
  • 1年間無料(300万人限定)
  • 契約期間の縛りなし
  • 端末が軽いので持ち運びには便利
  • データ容量が5GB/月を超えると1Mbpsに制限の場合あり
  • パートナーエリアの契約終了後が少し心配

\公式サイトで詳しく見る/

楽天モバイル 公式サイト

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

なぜBroad WiMAX?

注意点

  • クレジットカード払いを選択しないと初期費用17,580円が発生
  • 3日で10GBを消費した翌日は緩い速度制限がある
  • auの電波を使うHS+Aモードは7GB/月の制限あり

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

BIGLOBE WiMAX

「BIGLOBE WiMAX 2+」

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金3,980円のギガ放題プラン1択で、ご利用には端末をご自身で購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界16年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 モバイル関連製品のレビューや寄稿、通信環境のコンサルティング承っております。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-プロバイダー

© 2021 ポケットWi-Fiのリアル