プロバイダー

【モバレコAir】ソフトバンクAirとの違いやメリット・デメリットを分析してみた

【モバレコAir】ソフトバンクAirとの違いやメリット・デメリットを分析してみた

トミー
こんにちは!通信業界18年目、モバイル通信のプロフェッショナル、トミーです。

モバレコAirは、ソフトバンクエアーと同様に専用のルータをコンセントに刺すだけで工事不要でインターネットが使えるサービスです。

今回は、比較される事の多いソフトバンクAirとの違いや、モバレコAirのメリット・デメリットを分析してみました。

どうぞ最後までご覧ください。

この記事の著者:トミー

通信業界18年目、現役の移動体通信技術者です。
これまでに3Gの周波数再編や4G LTEの立ち上げ、災害で使用できなくなったネットワークの復旧対応、BWAのエリア構築などを行い、北海道から沖縄まで日本全国のモバイル通信を陰で支えてきました。現在は5Gのエリア構築に深く携わっています。

» (筆者愛用中)5G対応でデータ容量無制限のBroad WiMAXに関する詳細はこちら

お申し込みはこちらから

モバレコAirはソフトバンクAirの回線を利用したお得なサービス

モバレコAirはソフトバンクAirの回線を利用したお得なサービス

モバレコAirは、一言で簡単に説明するとソフトバンクAirの再販サービスです。

製造業などで多く見られるOEMの構造をイメージして頂くと分かりやすいと思います。

身近なOEMの例では、コンビニやスーパーで売っている自社のロゴマークが入ったプライベートブランドのお菓子ですが、実はパッケージだけを変えて中身は有名なお菓子そのまま、という事がありますね。

つまり、モバレコAirも商標はモバレコAirだけど、中身はソフトバンクAirという認識でOKです。

全く同じ回線を使っているので、ソフトバンクエアーと比べてエリアや通信品質が劣るという事は一切ありませんが、料金面が安価である事が大きな特徴です。

トミー
ソフトバンクAirとの比較もしてみましたので確認してみてください。

モバレコAirの基本スペックを解説!

エアーターミナル4 前面

エアーターミナル4 前面

エアーターミナル4 背面

エアーターミナル4 背面

モバレコAirの基本スペック
月額利用料■端末購入の場合
2,167円〜5,368円
■端末レンタルの場合
2,706円〜5,907円
事務手数料3,300円
支払い方法クレジットカード・口座振替
契約期間なし
契約違約金なし
サービス提供エリア日本国内のY!mobile・SoftBankサービスエリア
(ソフトバンクAirのサービス提供エリアと同等)
通信容量無制限
通信速度下り2.1Gbps(端末機種により異なる)
同時接続台数最大128台(端末機種により異なる)
対応WiFi通信規格IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax(端末機種により異なる)
運営会社株式会社グッド・ラック

表示価格は全て税込です。

【比較】ソフトバンクエアーと違う点は?

【比較】ソフトバンクエアーと違う点は?

トミー
ソフトバンクAirと比較をしてみると、料金面が大きく異なります。

また、各社その時々で限定のキャンペーンを開催している事があり、適用できるキャンペーン次第でお得に契約できる可能性があります。

ソフトバンクAirとの違い

  • モバレコAirの方が月額料金が安価
  • モバレコAirはグッド・ラック社の無料メールマガジン会員に登録となる
ソフトバンクAirとの比較
ブランドモバレコAirソフトバンクAir
月額利用料2,167円〜5,368円(端末購入)
2,706円〜5,907円(レンタル)
5,368円(端末購入)
※エアターミナル5はレンタル契約ができません
事務手数料3,300円
支払い方法クレジットカード・口座振替
契約期間2年間
契約違約金契約期間満了の月以外で解約した場合10,450円
端末分割購入の場合は端末代残債を一括支払い
乗り換え元の違約金負担サービス有り
サービス提供エリア日本国内のY!mobile・SoftBankサービスエリア
(ソフトバンクAirのサービス提供エリアと同等)
通信容量無制限
メルマガ登録(無料)有り無し
運営会社株式会社グッド・ラックソフトバンク株式会社
【SoftBank Airレビュー】評判から使い方まで利用開始前の必須知識を全て解説!

続きを見る

モバレコAirのメリット

モバレコAirのメリット

トミー
料金面以外はソフトバンクAirとモバレコAirは同じと考えて良いですが、具体的にはどのようなメリットがあるのか確認してみましょう。

モバレコAirのメリット

  • 端末をコンセントに刺すだけで簡単にネットが使える
  • データ容量無制限(3日で何GBなどの制限もなし)
  • ソフトバンクAirよりも料金面でメリット有り
  • ソフトバンク・Y!mobileのスマホが割引になる

端末をコンセントに刺すだけで簡単にネットが使える

開通工事や面倒な機器の配線などはないので、届いた端末をコンセントに刺すだけでインターネットが使えるようになります。

端末が届く日数は最短3日で、届いたその日から利用できます。

データ容量無制限(3日で◯GBなどの制限もなし)

データ容量の制限はなく、基本的には光回線のように無制限で利用できます。

3日で◯GBのような制限もありません。

ただし、通信量が多いと判断された場合や、特定のエリアで利用が集中している場合

ソフトバンクAirよりも料金面でメリット有り

ソフトバンクAirとの比較でも解説しましたが、ソフトバンクAirと比べて料金面がお得です。

どうしてもフトバンクで申し込みをしたいという人以外は、モバレコAirでの申し込みをおすすめします。

ソフトバンク・Y!mobileのスマホが割引になる

ソフトバンク・Y!mobileのスマホが割引になる

画像出典:モバレコAir 公式サイト

ソフトバンク・Y!mobileのスマホを利用している方は、スマホ一台につき最大1,100円分の割引があります。

離れて暮らしている家族分もスマホも割引対象になり、最大10回線分まで割引されます。

ソフトバンクAirでも同様の割引がありますが、ソフトバンク、Y!mobileのスマホを利用している人にとっては大きなメリットです。

モバレコAirのデメリット

モバレコAirのデメリット

トミー
モバレコAirのデメリット・注意点を解説します。

申し込みの際に頭の片隅に入れておくようにしましょう。

モバレコAirのデメリット

  • 端末はレンタルか購入の必要有り
  • 申し込みに本人確認資料が必要
  • 4G機種の通信速度はそこまで早くない

端末はレンタルか購入の必要有り

端末無料提供のプロバイダーもありますが、ソフトバンクAir(モバレコAir)はエアーターミナルという専用の端末を購入かレンタルする必要があります。

端末を月額料金に上乗せで分割購入していて、途中で解約をする場合には端末代金の残債を一括支払いする必要があります。

申し込みに本人確認資料が必要

ソフトバンクAirと同様に、申し込みには以下の本人確認資料の提出が必要です。

スマホなどで撮影してアップロードして提出します。

本人確認資料

  • 運転免許書
  • パスポート
  • 健康保険証+補助書類
  • 住民基本台帳カード+補助書類
  • 在留カード+パスポート

補助書類は、住民票・公共料金の領収書・賃貸借契約書、官公庁発行の印刷物です。

(官公庁発行の印刷物とは、納税通知書、納税証明書、車検証などです)

参考補助書類の「官公庁発行の印刷物」とは、具体的にどのような書類ですか?

4G機種の通信速度はそこまで早くない

4G機種のエアーターミナル4(NEXT)の通信方式は、Y!mobileのAXGPという種類の電波をメインで使用し、SoftBankの電波を補助的に使用します。

そのため、光回線やWiMAXと比較すると通信速度はどうしても遅くなります。

オンラインゲームや大容量のデータを使用する人向きではありませんが、普段あまりネットを使わないライトユーザーにとっては手軽に使える事もあり、選択肢に入れたいネット環境の一つです。

ヘビーユーザーは5Gに対応しているAirターミナル5でのご使用をおすすめします。

エアーターミナル44G機種
エアーターミナル4NEXT4G機種
エアーターミナル55G機種

モバレコAirユーザーの口コミ・評判を調査してみた!

モバレコAirユーザーの口コミ・評判を調査してみた!

トミー
SNS上での口コミ・評判を調査してみました。

皆さんはどのような評価をしているのか、チェックしてみましょう。

Twitterからの引用で多かった口コミをいくつか紹介します。

多かった口コミ

サービス提供エリアに関しての口コミ
通信容量に関しての口コミ
通信速度に関しての口コミ

サービス提供エリアに対しての口コミ

トミー
ソフトバンクAir(モバレコAir)は、ソフトバンクの商標ですが、前述の通り、ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileの2.5GHz(AXGP)という周波数帯をメインで使用しています。

そのため、サービス提供エリアはソフトバンクのスマホほどは広くありません。

申し込み前に、Y!mobileのエリアマップでサービス提供エリアを確認するようにしましょう。

参考Y!mobile 2.5GHzの対応エリアマップ

通信容量に対しての口コミ

トミー
現在、無線系の通信でデータ容量無制限のサービスは、ほとんどありません。

月100GBや、3日で10GBなどのデータ容量制限付きのモバイルWi-Fiから乗り換えた人からは、喜びのコメントが多く見られました。

登録住所地以外では使用できないという制限がありますが、データ容量無制限の恩恵は大きいです。

通信速度に対しての口コミ

トミー
通信速度に関しては賛否両論です。

光回線の代替手段として考えている方には、残念ながら満足のいく速度が出る事は少ないと思います。

サービスの特性上、4Gの無線通信なので、光回線のように高速で大容量のデータ転送を必要とする方は、再検討してみる必要がありそうです。

まとめ

まとめ

トミー
今回はモバレコAirとソフトバンクAirの違いを中心に解説してみました。

料金面でメリットがありますので、ソフトバンクAirの申し込みを検討している方は、モバレコAirも選択肢に入れてみてくださいね。

まとめ

  • モバレコAirはソフトバンクAirの回線を利用したお得なサービス
  • 端末をコンセントに刺すだけで簡単にネットが使える
  • ソフトバンクAirと比べると、モバレコAirの方が月額料金が安価
  • モバレコAirはグッド・ラック社の無料メールマガジン会員に登録となる
  • 4G機種の通信速度はそこまで速くない


モバレコAir

おすすめ現役通信技術者がおすすめするホームルーター(置くだけWiFi)はコレ!

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でも5G対応のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

なぜBroad WiMAX?

注意点

  • 一定期間内に大量のデータ通信をした場合は、ネットワーク混雑時間帯に速度制限の場合あり
  • オプションの通信モードは15GB/月の制限あり

人気記事最強ポケットWi-Fi決定戦!現役通信技術者が選ぶ最新おすすめランキング

 

令和4年7月1日改正の電気通信事業法について
2022年7月1日以降の通信回線契約において、月額料金1ヶ月分を超える違約金の請求はできなくなりました。
これにより、ほとんどのWiMAXプロバイダーが契約期間の縛りなしプランに変更、最低利用期間を設けている事業者でも大幅に違約金が減額されています。
2022年6月30日以前に契約をされた方は適用外となりますのでご注意ください。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 契約期間の縛りなし
  • WiMAXプロバイダーで最安の月額料金
  • データ容量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • auかUQスマホ利用者は割引有り

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+とau 4G・5Gの高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、店舗での端末当日受け取りサービスや豊富な料金プラン、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • オリコン顧客満足度2年連続1位
  • データ容量上限なし
  • 充実したオプションサービス
  • 申し込んだその日に発送

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目に高額キャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

平日15時半、土日祝日14時までの申し込みで端末は即日発送。到着後すぐに利用可能です。

BIGLOBE WiMAX

おすすめポイント

  • WiMAX運営のKDDIグループ企業
  • 契約期間の縛りなし
  • SIMのみの契約もできる
  • 口座振替での支払いにも対応
  • 初月の利用料金は0円

BIGLOBEのWiMAXは契約期間の縛りなしで、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金1,166円〜4,928円のギガ放題プラス1択で、ご利用には端末を購入する必要があります。

口座振替での支払いにも対応(月額料金にプラス220円上乗せ)しているため、クレカがなくても利用可能です。

スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリュー、UQ自宅セット割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界18年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 当サイトの記事を全て執筆、作図や動画編集も含め全て一人で行っています。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-プロバイダー
-,