Wi−Fiルーター

【Speed Wi-Fi HOME 5G L11】5G対応WiMAXホームルーターのスペック解説!

【Speed Wi-Fi HOME 5G L11】5G対応WiMAXホームルーターのスペック解説!

5G対応のWiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」が発表されました。

トミー
こんにちは!移動体通信エンジニアのトミーです。

本記事では、Speed Wi-Fi HOME 5G L11の特徴とメリットやデメリット、光回線の代替手段となるのか?などについて解説していきます。

この機種のポイント

  • 製造メーカーは中国のZTE Corporation
  • 5G対応で下り最大2.7Gbpsの高速通信
  • 最新Wi-Fi通信規格のWi-Fi6(11ax)に対応
  • WPA3の最も強い暗号化通信に対応

Speed Wi-Fi HOME 5G L11はWiMAXホームルーター初の5G対応

Speed Wi-Fi HOME 5G L11はWiMAXホームルーター初の5G対応

トミー
最初にSpeed Wi-Fi HOME 5G L11の特徴とメリットを中心に解説します。
Speed Wi-Fi HOME 5G L11のスペック
製造元ZTE Corporation
対応通信規格(WAN)WiMAX2+ / au4G・5G
最大通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
最大同時接続台数有線接続:2台
無線接続:30台
重量約599g
サイズ約70(横幅)×182(高さ)×124(奥行き)mm
有線LANポート2ポート(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)
電源ACアダプタのみ(バッテリー非対応)
SIMカードスロットau Nano IC Card 04 LE U×1

5G対応で下り最大2.7Gbpsの高速通信

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

WiMAXのホームルーターとしては、初めて5G通信に対応したモデルです。

WiMAX2+以外に、au 4G・5Gのネットワークが利用できます。

3つの電波を束ねるCA(キャリア・アグリゲーション)により、下り最大2.7Gbps(理論値)の高速通信が可能です。

最新Wi-Fi通信規格のWi-Fi6(11ax)に対応

最新のWi-Fi通信規格、Wi-Fi6に対応しています。

Wi-Fi6の通信速度は、Wi-Fi5と比較すると理論値ですが約1.4倍の通信速度です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11と、PCやスマホなどの接続機器間を最も高速なWi-Fiで接続することができます。

Wi-Fiアライアンス呼称  IEEE規格名最大実行速度
Wi-Fi 6IEEE802.11ax9.6Gbps
Wi-Fi 5 IEEE802.11ac6.9Gbps

WPA3の強固な暗号化通信に対応

Wi-Fiはデータを電波に乗せて無線で送受信するため、無線区間で電波を傍受されたりしないようにデータを暗号化して送受信をしています。

暗号化の方式にはいくつかありますが、最もセキュリティレベルが高いWPA3(AES方式)に対応しています。

なお、PCやスマホなど、接続する機器側もWPA3に対応している必要があります。

4G周波数の5G転用にも対応

au(KDDI)をはじめとする大手通信事業者では、4Gで使用している既存周波数の一部を、時代に合わせて5G用に転用する施策を進めています。

通称「なんちゃって5G」と言われていますが、この4G周波数のNR化(New Radio化)された電波を使用するには、端末側が対応している必要があります。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11は5G転用にも対応していますので、通信事業者側で既存周波数が5G用に転用されてしまった場合でも使用できなくなるというリスクがありません。

auの5G転用状況

  • 3.5GHzは2020年12月から順次
  • 700MHzは2021年春から順次

製造メーカーは中国のZTE Corporation

製造をしているのは、モバイル通信では有名なZTE Corporation(ゼットティーイー・コーポレーション)です。

KDDIの法人向けの製品でUSBタイプのSpeed USB STICK U03というUSBタイプのWiMAX/LTE端末を製造していた事があります。

また、WiMAXの通信規格は、ヨーロッパ・中東・アフリカ・インドなど世界的に使われていますが、海外ではZTE製のWiMAXルーターは多く流通しています。

トミー
SoftBankやY!mobileでは、ZTEのモバイルルーターを以前から主力製品として取り扱っています。

ここに注意!Speed Wi-Fi HOME 5G L11のデメリット

トミー
次にメリットだけではなく、購入後に気がついて後悔しないようにデメリットもしっかり確認しておきましょう。

ここに注意

  • 3日で15GBのデータ容量制限がある
  • 有線LAN接続はかえって通信速度が遅くなる場合もある
  • 5Gが使えるエリアはまだ限定的

3日で15GBのデータ容量制限がある

WiMAXプロバイダーの全社共通ルールとして、直近3日間のデータ消費量合計が15GBに到達した翌日に、1日だけ緩やかな速度制限があります。

速度制限は、ネットワーク混雑時間帯(18時頃~深夜2時頃まで)概ね1Mbpsの通信速度に制限が掛かります。

トミー
これまでは直近3日で10GBのルールでしたが、 5G用のルールとして15GBに緩和されました。

詳しくは、以下の記事で噛み砕いて解説していますので参考にしてみてください。

おすすめWiMAX+5Gプランを分かりやすく解説!4Gプランとの比較や注意点もチェック

有線LAN接続はかえって通信速度が遅くなる場合もある

有線接続の方が通信の安定性はありますが、通信速度はかえって遅くなる場合があります。

LANケーブルで接続した際の最大伝送速度が1Gbps(1000BASE-T使用時)、Wi-Fi接続時の最大伝送速度が1.2Gbps(Wi-Fi6、5GHz使用時)です。

有線接続時 最大通信速度1Gbps
Wi-Fi接続時 最大通信速度1.2Gbps

5Gが使えるエリアはまだ限定的

5Gのサービスはまだスタートして間もないため、使えるエリアが限定的です。

au(KDDI)は、人口の多い都心部から基地局の整備を順次行っているため、お住まいの地域が5Gのエリア内であるか、5G基地局の開局予定はいつ頃か?を確認しておくと良いでしょう。

KDDIの年次計画によると、2021年3月末までに5G基地局を5万局整備する予定と発表しています。

au 5G エリアマップ

トミー
まずは5Gのエリアマップで予定を確認してみましょう。

4Gモデル WiMAX HOME 02との違いを比較!

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

WiMAX HOME 02

WiMAX HOME 02

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

トミー
WiMAXの昨年度のホームルーターのスペックと比較してみました。

HOME 02との違い

  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11はau 5Gに対応
  • 下りの最大通信速度が6倍に向上
  • 最新のWi-Fi6に対応
  • 最大同時接続機器の台数が11台分増えた
  • 有線LANポートが1ポート増えた
機種名Speed Wi-Fi HOME 5G L11WiMAX HOME 02
製造元ZTE CorporationNECプラットフォームズ
対応通信規格(WAN)WiMAX2+ / au 4G・5GWiMAX2+ / 4G
最大通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
最大同時接続台数有線接続:2台
無線接続:30台
有線接続:1台
無線接続:20台
重量約599g約218g
サイズ約70(横幅)×182(高さ)×124(奥行き)mm約50(横幅)×118(高さ)×100(奥行き)mm
有線LANポート2ポート
(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)
1ポート
(RJ45:1000BASE-T/100BASE-TX)
電源ACアダプタのみ(バッテリー非対応)ACアダプタのみ(バッテリー非対応)
トミー
WiMAX HOME02もコンパクトでとても良いルーターですが、HOME 5G L11と比較すると通信速度の面で大きく差がついています。

docomo home 5Gとの比較

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

画像出典:UQコミュニケーションズ公式

home 5G HR01

home 5G HR01

画像出典:docomo公式

2021年8月以降に、docomoからもホームルーターが販売される事が発表されました。

トミー
スペックを早速比較してみました。

両者の主な違い

  • 最大通信速度はhome 5G HR01の方が約1.5倍速い
  • 最大同時接続機器の数はhome 5G HR01の方が約2倍
  • 有線接続に使用するLANポートはSpeed Wi-Fi HOME 5G L11の方が1ポート多い
機種名Speed Wi-Fi HOME 5G L11home 5G HR01
製造元ZTE CorporationSHARP
対応通信規格(WAN)WiMAX2+ / au 4G・5Gdocomo 4G・5G
最大通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:4.2Gbps
上り最大:218Mbps
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
最大同時接続台数有線接続:2台
無線接続:30台
有線接続:1台
無線接続:64台
重量約599g未定
サイズ約70(横幅)×182(高さ)×124(奥行き)mm約95(横幅)×170(高さ)×95(奥行き)mm
有線LANポート2ポート
(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)
1ポート
(1000BASE-T)
電源ACアダプタのみ(バッテリー非対応)ACアダプタのみ(バッテリー非対応)
トミー
全体的にルーターのスペックはdocomoの方が良さそうですが、料金的な面がどうなるのかドコモからの発表を待ちたいと思います。

まとめ

まとめ

トミー
今回は、Speed Wi-Fi HOME 5G L11のスペックを解説してみましたが、スペックを確認する限り、5Gの電波を拾えれば一部の光回線よりも高速な通信ができる可能性があります。

販売開始後に実機を入手次第、通信速度等はレポートさせて頂きます。

まとめ

  • 製造メーカーは中国のZTE Corporation
  • 5G対応で下り最大2.7Gbpsの高速通信
  • 最新Wi-Fi通信規格のWi-Fi6(11ax)に対応
  • Wi-Fiの同時接続機器台数は最大30台
  • WPA3の最も強い暗号化通信に対応

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の契約はBroad WiMAXがおすすめです。

利用料金は業界最安級、端末代は無料提供、オプションのプラスエリアモードも無料です。

さらに他社から乗り換えの場合は違約金を負担してくれたり、WiMAXプロバイダーの中で最も周辺サービスが充実しています。

トミー
同時期に発売したモバイルタイプ5Gルーターのレビューは以下からどうぞ

参考Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)の実機レビュー!通信速度も測定してみた

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でも5G対応のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

  • 高周波数帯域の電波利用で帯域幅が広く高速大容量の通信が可能 
  • 全国のWiMAX独自エリアに加えて、au 4G・5Gのエリアを使用するため、通信速度と繋がりやすさの両方を実現
  • 2020年4月以降、帯域幅が全国で順次拡張されるためWiMAX2+のスピードがさらにアップ
  • 2022年秋以降、一部地域で5G対応のWiMAX3(仮称)がスタート

注意点

  • 3日で15GBを消費した翌日は緩い速度制限がある
  • オプションの通信モードは15GB/月の制限あり

Broad WiMAX

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ容量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • auかUQスマホ利用者は割引有り
  • オプションの通信モードが無料

2021年11月5日~11月30日 8,000円キャッシュバックキャンペーン中!

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+とau 4G・5Gの高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

 

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • 最新端末が全て無料
  • データ容量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

 

BIGLOBE WiMAX

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金4,378円〜4,928円のギガ放題プラス1択で、ご利用には端末を購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

 

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界17年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 当サイトの記事を全て執筆、作図や動画編集も含め全て一人で行っています。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-Wi−Fiルーター
-,