Wi−Fiルーター

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)の実機レビュー!通信速度も測定してみた

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの実機レビュー!通信速度も測定してみた

トミー
こんにちは!移動体通信エンジニアのトミーです。

Galaxyから5G対応のWiMAXルーターが登場しました。

WiMAXプロバイダーから発表された初の5G対応機種ですが、果たして買いなのか?

早速入手してみましたので、スペック詳細や通信速度の測定結果などをレビューします。

この記事で分かる事

  • Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの特徴
  • 実際に測定してみた5Gの通信速度
  • プロの視点から見たメリット・デメリット
  • 他機種とのスペック比較 など

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)のスペックを徹底分析

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのスペックを徹底分析

トミー
まずはGalaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)の特徴と、メリットなどを解説します。

SCR01の大きな特徴

  • 下り最大2.2Gbpsのau 5Gに対応
  • 5.3インチの大画面ディスプレイ
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • 最大同時接続機器の台数は10台
  • 卓上利用に便利な自立スタンド搭載
【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
製造元Samsung(サムスン)
カラーホワイト
対応通信規格(WAN)WiMAX2+/4G/5G(Sub6)
最大通信速度下り最大:2.2Gbps
上り最大:183Mbps
連続待受時間約790時間(初期設定時)
最大同時接続台数Wi−Fi:10台 / USB:1台
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
USBインターフェースタイプC
バッテリー容量5,000mAh
サイズ約147(横幅)× 76(高さ)× 10.9(奥行き)mm
重量約203g
SIMカードスロットau Nano IC Card 04 LE U×1
クレードルなし

下り最大2.2Gbpsのau 5Gに対応

通信速度はWiMAXルーター史上最も速く、下り最大2.2Gbps、上り最大183Mbpsです。

通信方式は、WiMAX2+・au 4G・au 5G(Sub6)に対応しています。

トミー
より広いエリアでの通信に対応している、プラスエリアモードはオプションとなります。

5Gプランやオプションの詳細は、下記ページで詳しく解説していますので、是非ご覧になってみてください。

参考WiMAX+5Gプランを分かりやすく解説!4Gプランとの比較や注意点もチェック

5.3インチの大画面ディスプレイ

5.3インチのタッチパネルディスプレイで、データ使用量やバッテリー残量、電波強度などが視覚的に分かりやすくなっています。

通信モードの切り替えや、システム設定画面へのアクセスも簡単に行えます。

トミー
スマホのように、縦表示と横表示、両方に対応しています。

5,000mAhの大容量バッテリー

バッテリーは5,000mahと、バイルルーターとしては比較的大容量で、外出先などで長時間利用が可能です。

初期設定時の連続待受時間は、約790時間となっています。

最大同時接続機器の台数は11台

最大同時接続機器の台数は、Wi-Fi接続が10台、USB有線接続が1台の合計11台です。

MacとUSB接続をして通信をする場合は、専用ソフトウェアのダウンロードが必要です。

卓上利用に便利な自立スタンド搭載

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

本機種には純正のクレードル(台座)が有りませんが、本体裏面に自立スタンドが搭載されています。

トミー
部屋の中などで、電波の良い角度を探しながら調整をするのに重宝しそうです。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)を実際に使ってみた

トミー
早速入手してみましたので、各部を詳しくレビューします。
【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 外箱

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの外箱

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 付属品

トミー
マニュアルと付属のSIM取り出し用ピンです。

取扱説明書はネットでも見ることができます。

参考Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 取扱説明書

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 表面

トミー
箱から本体を取り出したところです。

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 背面

トミー
背面には自立スタンドがあります。
【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 電源ボタン

側面の電源ボタン

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi USBインターフェース

USBインターフェース

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SIMスロット

SIMスロット

au SIMカード

トミー
カードからSIMを慎重に取り外します。

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SIMスロット

トミー
SIMスロットに投入します。

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

トミー
電源をONにしてみます。

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi ユーザーインターフェース

トミー
画面がとても綺麗です。

表示も大きく見やすいです。

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi ダークモード

ダークモード

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの重量

重量は205g

トミー
重量を測ってみましたが、205gでした。
iPhone12との大きさ比較

iPhone12との大きさ比較

トミー
iPhone12と大きさを比較してみましたが、ほとんど差がないように感じました。

QRコードを使えば簡単にネット接続できる

ホーム画面からQRコードを表示させて、スマホなどの接続機器側のカメラで読み込むと、SSIDやパスワードの入力をしなくても簡単にネットに接続することが出来ます。

SSIDステルス機能の使い方

ステルス機能を使えばSSIDを周囲に隠せる

周囲の人の端末に自分のSSIDを表示したくない場合は、ステルス機能を使えばSSIDを隠す事ができます。

「ホーム画面」→「Wi-Fi」で設定できます。

QRコードを使えば簡単にネット接続できる

ブラウザからも管理画面にアクセス可能

Webブラウザからも、ほぼ全ての設定変更と確認が出できます。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiを使ってネットに接続できる状態にし、クロームやサファリなどのブラウザのアドレスに「192.168.1.1」を打ち込みます。

(ブラウザのセキュリティ設定によっては、アクセスできない場合があります)

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの管理画面

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの管理画面

サインインのための初期パスワードは、端末固有のIMEI番号になっています。

IMEI番号番号は、端末ホーム画面左上、3本線のハンバーガーメニューから「概要」→「情報」で確認できます。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの管理画面

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの管理画面

5Gのスピードを確認!通信速度を測定してみた

トミー
エリアマップ上で5Gが既に提供開始されているエリアを調べて、通信速度の測定をしてきました。

測定メモ

測定場所:東京都 豊島区 立教大学キャンパス付近
プロバイダー:BroadWiMAX
機種:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)
通信モード:プラスエリアモード(5G)
測定日:2021年4月25日(日)
測定時間:16:00〜16:03
天候:晴れ
測定アプリ:SPEEDTEST(iPhone12)

Speedtest測定結果キャプチャ

Speedtest測定結果キャプチャ

測定回数下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
1回目11344.335
2回目95.623.138
3回目10547.440
4回目11357.539
5回目11315.336
平均値107.937.537.6
トミー
長年WiMAXを使用していますが、3桁代のスピードは初めて見ました。

デメリットと事前に知っておきたい注意点

デメリットと事前に知っておきたい注意点

トミー
これまでは特徴やメリットを中心にレビューをしてきましたが、デメリットと注意点も解説しておきます。

SCR01の大きな特徴

  • 同時接続台数が少なめ
  • プラスエリアモードの利用にはオプション料金がかかる
  • ミリ波・Wi-Fi6には非対応
  • USBケーブルは付属しない

Wi-Fiの最大同時接続台数が少なめ

PCやスマホなどの最大同時接続台数が、10台とこれまでのWiMAXルーターと比べると少し少なめです。

複数名で使用したり、ネットワークに接続する機器の台数が多めの方は少し注意が必要かもしれません。

最大同時接続台数
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)10台
Speed Wi-Fi NEXT WX0616台
Speed Wi-Fi NEXT W0616台
WiMAX HOME 0221台

プラスエリアモードの利用にはオプション料金がかかる

スタンダードモードよりも広いエリアで通信が可能な、プラスエリアモードの利用にはオプション料金が発生します。

WiMAXプロバイダーによって対応が異なりますが、多くのプロバイダーでは、使用した月だけ1,100円(税込)の課金が発生します。

ルーター側の設定で即時使えるようになるため、別途契約の必要はありません。

ミリ波・Wi-Fi6には非対応

5G用の電波には大きく2種類あります。

Sub6(サブシックス)と呼ばれる6GHz以下の周波数と、28GHzの周波数を使うmmW(ミリ波)です。

Sub6はミリ波に比べるとデータの通り道が広く取れないため、通信速度は遅くなります。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)はミリ波に対応していないため、この点には注意が必要です。

5Gの電波は大きく2種類ある

Wi-Fiの通信規格は、最新のWi-Fi6には対応しておらず、Wi-Fi5まで対応しています。

Wi-Fiアライアンス呼称 IEEE規格名最大実行速度
Wi-Fi 6IEEE802.11ax9.6Gbps
Wi-Fi 5IEEE802.11ac6.9Gbps
Wi-Fi 4IEEE802.11n600Mbps

充電用USBケーブルは付属しない

充電用のUSBケーブルが付属しないので、ご自身で用意する必要があります。

別売りの充電アダプタを購入するか、タイプCのUSBケーブルが必要です。

USBケーブル Type-C

USBケーブル Type-C

Speed Wi-Fi NEXT WX06(WiMAX 4Gモデル)との比較

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

編集長使用中の私物

Speed Wi-Fi NEXT WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06

編集長使用中の私物

トミー
2020年に発売されたNECプラットフォームズ社製の4Gモデル「WX06」との違いを比較してみました。

WX06との主な違い

  • SCR01はau 5Gに対応している
  • SCR01の最大通信速度はWX06の約4倍
  • 接続機器の上限はWX06の方が6台多い
  • 大きさ・重量はWX06の方がコンパクト
モデル名【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-FiSpeed Wi-Fi NEXT WX06
カラーホワイトライムグリーン/クラウドホワイト
対応通信規格(WAN)WiMAX2+/4G/5G(Sub6)WiMAX2+/4G
最大通信速度下り最大:2.2Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
最大同時接続台数Wi−Fi:10台 / USB:1台Wi−Fi:16台 / USB:1台
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
USBインターフェースType CType C
バッテリー容量5,000mAh3,200mAh
サイズ約147(横幅)× 76(高さ)× 10.9(奥行き)mm約111(横幅)× 62(高さ)× 13.3(奥行き)mm
重量約203g約127g
SIMカードスロットau Nano IC Card 04 LE U×1au Nano IC Card 04 LE U×1
クレードルなし別売り

Speed Wi-Fi 5G X01(au 2020年モデル)との比較

トミー
2020年にauから発売された、5G対応のモバイルWi-Fiと比較をしてみました。

5G X01との主な違い

  • X01の方がミリ波に対応しているため速度は速い
  • X01の方が同時接続台数が6台多い
  • SCR01の方がバッテリー容量が1000mAh多い
  • SCR01の方がサイズ・重量がコンパクト

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

編集長使用中の私物

Speed Wi-Fi 5G X01

Speed Wi-Fi 5G X01

画像出典:KDDI公式サイト

モデル名【SCR01】Galaxy 5G Mobile Wi-FiSpeed Wi-Fi 5G X01
カラーホワイトブラック
対応通信規格(WAN)WiMAX2+/4G/5G(Sub6)WiMAX2+/4G/5G(Sub6・mmW)
最大通信速度下り最大:2.2Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:4.1Gbps
上り最大:481Mbps
最大同時接続台数Wi−Fi:10台 / USB:1台Wi−Fi:16台 / USB:1台
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
IEEE802.11ax/11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11ax/11n/11g/11b(2.4GHz)
USBインターフェースType CType C
バッテリー容量5,000mAh4,000mAh
サイズ約147(横幅)× 76(高さ)× 10.9(奥行き)mm約157(横幅)× 84(高さ)× 16(奥行き)mm
重量約203g約265g
SIMカードスロットau Nano IC Card 04 LE U×1au Nano IC Card 04 LE U×1
クレードルなしなし

よくある質問と回答

トミー
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiや5Gに関する、よくある質問と回答をまとめてみました。

参考にしてみてください。

最大通信速度はどれくらいですか?

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)の最大通信速度は、下り2.2Gbps、上り183Mbpsです。

数値は理論値ですので、この実行速度が出る事はありません。

端末はSIMフリーですか?

端末にSIMロックはされていませんが、基本的に契約キャリア以外のSIMは動作保証対象外です。

使用可能なバンドは何がありますか?

現時点で確認できている対応バンドは、WiMAX2+のB41(2.5GHz)、4GがB1(2GHz) ・B3(1.7GHz)  ・ B17(700MHz) ・ B18(800MHz)、5Gがn78(3.7GHz)です。

なお、日本国内では未割り当てのためB17は使用できません。

専用のクレードルはありますか?

専用のクレードルは販売されていません。

本体裏面にスタンドが搭載されていますので、卓上で自立させて使用する事ができます。

5Gの対象エリアはどこで確認できますか?

auのホームページで5Gエリアマップが公開されています。

WiMAXや4G LTEの対象エリアも確認できますので、申し込み前に確認してみましょう。

au 5G エリアマップ

料金プランはどうなりますか?

5Gに対応した新料金プランでの契約が必要です。

新料金やサービス内容はプロバイダーによって異なりますので、詳しくはご契約を検討しているWiMAXプロバイダー各社までお問い合わせください。

【最後にまとめ】Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのレビュー

【最後にまとめ】Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのレビュー

トミー
サムスン製Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは、au 5Gも利用できる高機能なモバイルルーターです。

個人的には、外出先だけではなくホームルーターとしての利用も可能と感じました。

かなりオススメですです。

最後に特徴をまとめてみましょう。

まとめ

  • 下り最大2.2Gbpsのau 5Gに対応
  • 5.3インチの大画面ディスプレイ
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • 最大同時接続機器の台数は11台
  • 卓上での利用に便利な自立スタンド搭載
トミー
動画で各部を確認したい場合は、以下をご覧ください

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの契約はBroadWiMAXがおすすめです。

端末は無料提供、オプションのプラスエリアモードが無料、WiMAXプロバイダーの中で最も周辺サービスが充実しています。

さらに、他社から乗り換えの場合は違約金を負担してくれたり、端末は最短当日発送ですぐに使えます。

参考WiMAX+5Gプランを分かりやすく解説!4Gプランとの違いや注意点はある? 

おすすめ【Speed Wi-Fi HOME 5G L11】5G対応WiMAXホームルーターのスペック解説!

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でも5G対応のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

  • 高周波数帯域の電波利用で帯域幅が広く高速大容量の通信が可能 
  • 全国のWiMAX独自エリアに加えて、au 4G・5Gのエリアを使用するため、通信速度と繋がりやすさの両方を実現
  • 2020年4月以降、帯域幅が全国で順次拡張されるためWiMAX2+のスピードがさらにアップ
  • 2022年秋以降、一部地域で5G対応のWiMAX3(仮称)がスタート

注意点

  • 3日で10GBもしくは15GBを消費した翌日は緩い速度制限がある(プランにより異なる)
  • オプションの通信モードは7GB/月もしくは15GB/月の制限あり(プランにより異なる)

Broad WiMAX

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+とau 4G・5Gの高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

BIGLOBE WiMAX

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金4,378円〜4,928円のギガ放題プラス1択で、ご利用には端末を購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界17年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 当サイトの記事を全て執筆、作図や動画編集も含め全て一人で行っています。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-Wi−Fiルーター
-,