移動体通信エンジニアが速度や料金を徹底比較

ポケットWi-Fiのリアル

評価・レビュー

どんなときもWiFiの口コミ・評判は?実際に使ってみた正直な感想

更新日:

どんなときもWiFiの口コミや評判は?実際に使ってみた正直な感想

トミー
こんにちは!

移動体(モバイル)通信エンジニア12年目のトミーと申します。

クラウドSIMを使った次世代のモバイルWi-Fi「どんなときもWiFi」を使い倒してみました!

世間の評判・口コミをはじめ、各地での速度測定結果や本気のレビューなどをご紹介いたします!

ぜひ最後までご覧ください!

\公式サイトで詳しく見る/

どんなときもWiFi 公式サイト

どんなときもWiFiの評判・口コミはどう?

トミー
僕が考える良いポケットWiFiの条件は、料金・サービス提供エリア・通信速度、この3つ全てが優れているポケットWiFiです。

最初にこの3つを世間はどう評価しているのか確認してみましょう。

料金

料金についての評判・口コミ

  • どんなときもWiFiを自宅や外出先で使用していますが、データを沢山使う人はコスパが超いいです。
  • 乗り換えをして使ってますが料金、通信速度ともに大満足です!おすすめです!
  • 月額料金が安く無制限なので安心して使うことができます。
  • 3年目から月額料金が上がるのが痛い。本体はレンタルなので契約期間は縛り無しか、2年後は解約自由くらいの条件にして欲しい。

基本料金は¥4,410の一択で、ここから割引が適用されます。

支払い方法と利用年数によって割引率が異なりますのでご注意ください。

支払い方法はクレジットカード払いと口座振替の2種類を選べますが、クレジットカード払いの方が月額利用料が安いためオススメです。

クレジットカード 口座振替
2年間 3,480円 3,980円
2年目以降 3,980円 4,410円

※価格は税抜き価格です。

クレジットカード払いの方がお得!

  • クレカ払いは2年間、2年割が適用されるため930円の割引
  • クレカ払いは2年目以降、長期割に移行するため割引率が下がり430円の割引
  • 口座振替は割引率が低いうえ、追加で手数料200円がかかる

事務手数料は初回3,000円、初月の利用料金は日割り計算となります。

サービス提供エリア

エリアついての評判・口コミ

  • ド田舎なのに繋がりました!どんなときもWiFiさんありがとうございます!
  • 私が住んでいる地域が田舎なので、もう他の会社使えないです。今のところ大満足です。
  • 田舎に住むことになり、今まで使ってたWiFiが入らないので変えてみました。
    とりあえず今住んでるエリアでは快適なスピードです。
  • 今まで地下鉄で使えなかったのが、どんなときもWiFiにしてから使えるようになりました。
どんなときもWiFiのサービス提供イメージ

画像出典:どんなときもWiFi 公式サイト

サービス提供エリアは、SoftBank、docomo、auの3キャリアの回線を使用するため、エリアは理論上最強です。

無線通信の繋がりやすさは、いかにして基地局を構築するかにかかっています。

3キャリアとも人口カバー率は100%に近い数値を発表していますが、キャリアによって強いエリア弱いエリアは少なからず存在します。

どんなときもWiFiは3キャリアのいいとこ取りをするため、どこにいても快適通信ができます。

通信速度

通信速度ついての評判・口コミ

  • 室内に強く速いです。今後ユーザーが増えた時にどれだけ速度が落ちるかが心配です。
  • タイミングによって安定はしない時がありますが、これだけ速度が出れば十分です。
  • 契約してもうすぐ一ヶ月ですが、今のところ満足しています。
    WiMAX2+と比べても速度の差はほとんど感じないです。
  • 外出時のPC用にどんなときもWiFiを契約しました。完全使い放題で速度も速いです。

3キャリアの電波の強さ、回線混雑具合を判別して最適なキャリアを常に選択します。

通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsです。

ただ、この数値はあくまでも理論値になりますので、基地局周辺のユーザーでこの最大容量をシェアする事になります。

実測値については、本記事で後述していますので参考にしてみてください。

先輩ユーザー達の貴重な声

トミー
どんなときもWiFiの先輩ユーザーたちは、料金・エリア・速度以外では、実際に使用してみて、どのような事を感じているのでしょうか?

どんなときもWiFiユーザーのリアルな声を集めてみました。

主観ですが、現時点ではポジティブな評価の方が多い印象を受けました。

悪い評判・口コミ

トミー
やはりSoftBankの電波を掴む事が多いというコメントが圧倒的に多いのと、使用中に本体が熱くなるという口コミがありました。

良い評判・口コミ

トミー
クラウドSIMを利用した次世代ポケットWiFiの将来性に期待を寄せるコメントや、通信障害発生時の対応に誠実さを感じたというコメントが多くありました。

どんなときもWiFiの基本スペックと特徴など

どんなときもWiFiの基本スペック
月額利用料 3,480円(最大割引適用時)
事務手数料 3,000円
端末代金 無料(レンタルのため解約時に返却が必要)
支払い方法 クレジットカード/口座振替
契約期間 2年(自動更新)
契約違約金 0〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目(更新月):0円
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
サービス提供エリア SoftBank、docomo、au、3キャリアのサービスエリア
通信容量 無制限
通信速度(上り最大) 50Mbps
通信速度(下り最大) 150Mbps
対応WiFi通信規格 IEEE802.11b/g/n
同時接続台数 最大5台
充電用ケーブル端子 Micro USB
充電容量 3500mAh
連続使用可能時間 12時間

※価格は税抜き価格です。

ルーターはどんな感じ?

どんなときもWiFiのルーター表面

ルーター表面

ルーターはD1というモデルです。

デザインはシンプルでとってもオシャレ、肌触りもスベスベです。

ファームウェアのアップデートは通信環境があれば自動的に行われるので、ユーザー側で操作する必要はありません。

どんなときもWiFiのルーター裏面

ルーター裏面

裏面にはどんなときもWiFiのロゴがレーザー刻印されています。

色はグレーとゴールドから選ぶ事ができます。

トミー
僕は普段使っているiPhoneがグレーなので区別するためにゴールドを選びました。

とにかくムダのないデザインが気に入っています。

大きさはiPhoneと比較すると、このような感じでほとんど変わらないです。

どんなときもWiFiとiPhone6との大きさ比較

iPhone6との大きさ比較

どんなときもWiFiのメリット

どんなときもWiFiの良い点を解説します。

他キャリアと比較する際に参考にしてみてください。

  • 3キャリア利用でポケットWiFi史上最強のエリア
  • 本当の意味での無制限
  • 安価でシンプルな料金体系
  • 海外でも手続き不要でそのまま使える

3キャリア利用でポケットWiFi史上最強のエリア

どんなときもWiFi のサービス提供イメージ

画像出典:どんなときもWiFi 公式サイト

どんなときもWiFiの最大のメリットは、3キャリアのマルチキャリア利用で、理論上ポケットWiFi史上最強のエリアを実現しています。

しかもサーバー上のSIMを使用するクラウドSIMという次世代の方式のため、本体にSIMを差す必要がなく利用できます。

例えば、とあるキャリアの回線が繋がらない、あるいは通信障害で使えないとなった場合、他の2キャリアの回線を利用できるのは安心感が違います。

3キャリアのポケットWi-Fiをそれぞれ持つ事は、金銭的理由や持ち運びなどを考慮すると現実的ではありませんが、クラウドSIMなら実現可能です。

本当の意味での無制限

どんなときもWiFiのサービス提供イメージ

画像出典:どんなときもWiFi 公式サイト

通信会社各社では、無制限とは言いつつも実際には、3日で10GBの容量を使用すると一時的に制限がかかる事が一般的です。

どんなときもWiFiは通信制限が一切なく、ヘビーユーザーもストレスなく使用する事ができます。

通信キャリア 通信制限に関する条件 通信制限の内容
どんなときもWiFi 無制限 なし
UQ WiMAX
(ハイスピードモード)
直近3日間で10GB以上の利用 3日間で10GBを超えた日の翌日(18時〜翌2時頃)に1Mbpsに制限される
Y!mobile
(Pocket WiFiプラン2 他)
前日までの3日間の通信量が約10GB以上の利用 10GBを超えた日(18時〜翌1時)に1Mbps

安価でシンプルな料金体系

前述の通り基本的には2年契約で、支払方法によって月額料金が変わります。

口座振替の場合は手数料がさらに200円追加されるため、クレジットカード払いを選択しましょう!

  • クレジットカード払いの場合:¥3,480
  • 口座振替の場合:¥3,980

例えば、3キャリアのポケットWiFiを契約したとすると仮定すると、合計で¥14,292になりますので、かなりおトクと言えるのではないでしょうか。

SoftBank ¥3,696
docomo ¥6,900
au ¥3,696
合計 ¥14,292

海外でも手続き不要でそのまま使える

どんなときもWiFiのサービス提供イメージ

画像出典:どんなときもWiFi 公式サイト

どんなときもWiFiは海外での利用にも強く、渡航先にそのままルーターを持って行き、世界107ヵ国で利用可能です。

利用料金は国によって異なり、1日1,280円と1,880円の2パターンがあります。(現地で使った日数分だけ料金が発生)

¥1,280/日 アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米 他全69ヵ国
¥1,880/日 中東・南米・アフリカ 他全37ヵ国

国内は無制限ですが、海外利用時は1日1GBの制限が有ります。

嬉しい事に容量を超えた後の通信制限が384kbps(多くのWi-Fi提供会社の制限は128kbps)

どんなときもWiFiのデメリット

どんなときもWiFi利用時の注意点などについて、契約前に事前に知っておきたいポイントを解説します。

  • 利用3年目(25ヶ月目)から月額料金が高くなる
  • 解約時にルーターを返却する必要がある
  • 最新のWi-Fi通信規格の11acに対応していない
  • 超大容量のデータ通信をすると制限がかかる可能性がある

利用3年目(25ヶ月目)から月額料金が高くなる

2年目以降は割引率が下がるので、2年(25ヶ月目)の更新月で一度解約をした方が良いです。

基本的には2年契約で、ユーザー側から解約の申告が無い限りは自動更新です。

25ヶ月目の更新月に解約をすれば違約金は0円です。

2年間も使用すればルーターのバッテリーも大分痛んでくるので電池の持ちも悪くなってくるはずです。

継続利用したい場合は一度解約して、また新規で契約すれば、割引率も大きく端末も新しくなるので、3年目以降も使い続けるメリットはあまりないです。

解約時にルーターを返却する必要がある

どんなときもWi-Fiのルーターはレンタル端末となりますので、解約時に返却する必要があります。

もし返却を忘れてしまったり、処分してしまった場合には機器損害金として18,000円の支払いが必要になります。

解約時には必ず返却するように覚えておきましょう。

最新のWi-Fi通信規格の11acに対応していない

ルーターと接続機器間を繋ぐWi-Fiの規格がIEEE802.11nまでしか対応していません。

11nの最大通信速度が300Mbpsなので、2019年現在で最新の11acに対応していませんが、結局は回線側で下り最大150Mbpsとなりボトルネックになってしまうため、速度に関して影響はそれほどないと考えて良いですが、気になる部分ではあります。

超大容量のデータ通信をすると制限がかかる可能性がある

完全無制限のため通常利用の範囲で制限がかかる事はないですが、公式には「不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信をされた場合のみ、制限がかかる場合があります。」とあります。

ヘビーユーザーで、ゲームや動画の長時間視聴でも制限がかかることはないようですが、常識の範囲を超えた、超大容量の通信をする可能性がある人は注意が必要かもしれません。

トミー
「不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信」については人によって考えている容量が違うと思うので、どんなときもWiFiのサーポトに問い合わせをしてみました。

どんなときもWiFiチャットサポート

どんなときもWiFiチャットサポート

トミー
「一般的な利用で制限がかかる事はない」という回答をいただきました。

ただ、やはり明確な容量のご案内はできないとの事でした。

サポートの日高さん、ご回答頂きどうもありがとうございました!

どんなときもWiFiの使い方(動画有り)

トミー
実際に申し込みをして使ってみました。

難しい設定など無いので、直感的に利用可能です!

開封からネットに接続するまで約10分程度で可能だと思います。

どんなときもWiFiの配送用ダンボール

このようなダンボールで届きます。発送は佐川さんで都内からの発送でした。

どんなときもWiFiの配送箱を開梱したところ

ダンボールを開封すると、ご契約の内容、本体の箱、購入したUSB充電器が出てきます。

どんなときもWiFiの外箱

本体はこのような箱に収納されています。

どんなときもWiFiの箱を開けたところ

箱を開けると、このように収納されています。

どんなときもWiFiのルーターと付属品

本体とストラップ、USBケーブル

どんなときもWiFiのルーター裏面

本体裏面に使用するSSIDとPWが貼り付けてありますので、この情報をスマホやPC端末側で設定します。

どんなときもWiFiのルーター表面

表面にはカバーを開けてSIMを挿入できる案内が書いてありますが、どんなときもWiFiはクラウドSIMを使用しているのでユーザー側でSIMの挿入はしません。

基本的にカバーを開ける事はないと思います。

どんなときもWiFiのルーター表面

ルーター側の操作は電源ON/OFFのみで、自動的にネットに接続します。

側面にある電源ボタンを3秒長押しするとONになります。

どんなときもWiFiのインジケーター

一番左のWi-Fiマークが点滅から常時点灯に変わったら利用可能です。

トミー
ちなみに上の方にある突起は、ストラップホールです。
どんなときもWiFiのストラップホール

ストラップホール

どんなときもWiFiのルーターにストラップを通したところ

ストラップを通したところ

速度を実際に計測したみた結果

速度を実際に計測したみた結果

どんなときもWiFiの通信品質を、都内各所で丸1日半かけて測定してみました。

加入者数がまだそこまで多くないためか、場所によってはWiMAX以上の速度が出ている場所も沢山ありました。

トミー
リアルな測定結果をどうぞご覧ください!

測定メモ

測定日:2019/8/12(祝)〜2019/8/13(火)

天候:快晴(ときどき雨)

測定アプリ:SPEEDTEST(iPhone7)

山手線(主要6駅周辺)

山手線(主要6駅周辺)

測定日時:2019/8/12 10:40〜11:43

区間 下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
鶯谷〜上野
(走行中)
8.42 4.18 35
上野駅
(停車中)
8.67 12.2 36
上野〜御徒町
(走行中)
7.52 14.5 25
神田〜東京
(走行中)
8.53 14.6 30
東京駅
(停車中)
12.6 18.0 25
東京〜有楽町
(走行中)
11.6 15.7 50
田町〜品川
(走行中)
9.93 14.7 34
品川駅
(停車中)
7.72 13.6 23
品川〜大崎
(走行中)
8.70 13.5 32
恵比寿〜渋谷
(走行中)
8.67 13.2 29
渋谷駅
(停車中)
7.77 11.7 29
渋谷〜原宿
(走行中)
5.88 7.30 38
代々木〜新宿
(走行中)
8.69 9.41 25
新宿駅
(停車中)
11.1 11.5 29
新宿〜新大久保
(走行中)
5.27 17.8 36
目白〜池袋
(走行中)
1.40 8.31 31
池袋駅
(停車中)
10.9 15.8 35
池袋〜大塚
(走行中)
12.2 11.8 28

池袋エリア

池袋エリア

測定場所
(測定日時)
下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
東口(2019/08/12 10:31) 9.40 12.7 21
西口
(2019/08/12 10:18)
12.2 16.0 36
サンシャイン通り
東急ハンズ前
(2019/08/13 16:00)
3.70 7.08 58

新宿エリア

新宿エリア

測定場所
(測定日時)
下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
南口
(2019/08/12 14:42)
4.39 4.48 39
西口
(2019/08/12 14:51)
2.72 6.47 43
東口
(2019/08/12 14:59)
17.4 14.6 40
新南口
(2019/08/12 15:31)
24.4 10.1 29
歌舞伎町一番街看板前
(2019/08/12 15:09)
5.81 5.84 41
TOHOシネマズ新宿前
(2019/08/12 15:12)
7.03 5.84 26

渋谷エリア

渋谷エリア

測定場所
(測定日時)
下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
ハチ公前
(2019/08/12 13:18)
19.8 6.10 22
モヤイ像前
(2019/08/12 13:20)
12.9 26.3 27
109前
(2019/08/12 14:03)
11.4 5.04 56
道玄坂
カラオケ歌広場前
(2019/08/12 14:11)
8.24 9.91 31
センター街
FOREVER21前
(2019/08/12 14:19)
6.04 4.08 36

地下鉄(東京メトロ有楽町線)

地下鉄(東京メトロ有楽町線)

残念ながらWiMAXは地下鉄駅間の走行中に弱い印象がありますが、どんなときもWiFiは走行中も、上り・下り共に高速で通信可能でした。

地下鉄駅間(走行中)に使用するためには、au、docomo、SoftBankのMNO3社、どれかの電波を使う事が必要になりますが、どんなときもWiFiはこれらMNOの回線を利用しているため、地下鉄にはやはり強かったです。

測定日時:2019/8/12 16:53〜17:27

区間 下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
新木場
(停車中)
8.39 8.07 45
新木場〜辰巳
(走行中)
20.5 16.4 49
辰巳〜豊洲
(走行中)
43.1 13.5 44
豊洲
(停車中)
46.7 18.5 41
豊洲〜月島
(走行中)
17.1 12.3 37
月島
(停車中)
45.7 19.4 45
月島〜新富町
(走行中)
28.1 11.5 42
銀座一丁目〜有楽町
(走行中)
25.8 17.8 44
有楽町
(停車中)
46.4 13.3 47
有楽町〜桜田門
(走行中)
21.2 16.7 42
桜田門〜永田町
(走行中)
24.3 8.77 44
永田町
(停車中)
40.9 7.87 43
永田町〜麹町
(走行中)
25.3 22.3 38
麹町〜市ヶ谷
(走行中)
33.8 11.8 42
市ヶ谷
(停車中)
24.2 11.7 37
市ヶ谷〜飯田橋
(走行中)
34.9 12.5 38
飯田橋
(停車中)
53.3 22.0 37
飯田橋〜江戸川橋
(走行中)
36.1 16.2 39
東池袋〜池袋
(走行中)
28.2 13.4 43
池袋
(停車中)
19.8 22.1 39

屋内エリア

屋内エリア

測定場所
(測定日時)
下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
池袋 東武百貨店
12F レストランフロア
(2019/08/13 15:16)
9.77 4.65 50
池袋 東武百貨店
8F 催事場
(2019/08/13 15:14)
12.7 5.48 43
池袋 西武本店
8F レストランフロア
(2019/08/13 15:47)
8.68 7.03 52
池袋 ルミネ
8F レストランフロア
(2019/08/13 15:30)
10.2 16.5 51
池袋 サンシャインシティ
1F 噴水広場前
(2019/08/13 16:15)
5.72 1.41 50
池袋 サンシャインシティ
2F ナンジャタウン入口前
(2019/08/13 16:19)
5.62 2.94 78
池袋 サンシャインシティ
屋上 水族館チケットブース前
(2019/08/13 16:37)
11.4 2.80 59
新宿 スターバックス
新南口駅前店
(2019/08/12 15:28)
6.17 4.43 55
埼玉新都心 コクーンシティ1
2F エクセシオールカフェ
(2019/08/13 13:39)
6.08 6.67 40
埼玉新都心 コクーンシティ2
2F アーバンリサーチ前
(2019/08/13 13:52)
12.2 14.4 54
埼玉新都心 コクーンシティ2
3Fフードコート
(2019/08/13 14:07)
8.54 6.63 33

【まとめ】どんなときもWiFiを実際に使ってみた正直な感想

まとめ

実際に使用し、各地で測定をしてみて感じた率直な感想は、「現時点では、かなり良い!」です。

特に地下鉄走行中の速度に感動を覚えました。

これは僕の完全な予想ですが、3キャリアの電波・回線状況が良いキャリアを選択するとありますが、少なからず回線選択の優先順があるように感じます。

基本的にはSoftBankの回線を利用し、SoftBankの回線に何か問題がある場合(電波が弱い・回線が混雑し過ぎている)は、docomo、auを使用すると僕は見ています。

一般的に回線使用料金が運営に一番コストがかかる部分ですので、もし僕が運営側であれば同じような仕様にすると思います。

とはいえ、もし仮にSoftBankが通信障害を起こし全く使用できなくなった場合、完全に利用できなくなるのではなく、docomo、auの回線にスイッチできるというのは、とてもメリットが大きいです。

これがクラウドSIMの大きなメリットですが、この低価格で実現しているのには驚きです。

また、評価として「現時点では」というコメントを付け加えていますが、どんなときもWiFiは契約者数を順調に伸ばしており、今後も加入者数は大きく伸びると個人的には予想しています。

今後ユーザー数が増えて来たときに同じような通信品質を保てるかどうかが、不安要素としてあります。

この部分は将来的な話なので、電波の強さとデータ量を判断して最適な回線を利用するとあるので、トラフィック分散の仕組みに期待するとしましょう。

最後に結論ですが、どんなときもWiFiは、通信エンジニアの名にかけて自信を持って家族や友人・親類にもおすすめできます!

\お申し込みはこちらから/

どんなときもWiFi 公式サイト

当サイトおすすめプロバイダー

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の料金
  • 使い放題(無制限)
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。
キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。
他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • 使い放題(無制限)
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から11ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば無料でキャンセル可能です。

どんなときもWiFi

どんなときもwifi

おすすめポイント

  • 3キャリアの回線使用で繋がりやすい
  • 使い放題(無制限)
  • シンプルな料金体系
  • 国内・海外もこれ1台でOK
  • 最短即日発送ですぐ使える

どんなときもWiFiは、au・docomo・SoftBankのLTE回線を電波の強さによって自動選択し、常に最適化された通信を行います。

WiMAXが提供エリア外の場合、一番最初に検討したいプロバイダーです。

クラウドSIMを使った次世代のポケットWi-Fiで、3キャリアの電波を使用するため、使えるエリアは必然的にポケットWi-Fiの中で最強となります。

データ容量に関しても、一般的には3日で10GBを消費した場合には制限が掛かる事が多いですが、どんなときもWiFiでは制限は一切無く、本当の意味で無制限を実現しています。

また、世界107カ国で使用できるため、海外利用時も面倒な手続きなしでそのまま利用可能です。

-評価・レビュー

Copyright© ポケットWi-Fiのリアル , 2019 All Rights Reserved.