Wi−Fiルーター

【ドコモ初の5Gルーター】Wi-Fi STATION SH-52Aのスペックを解説!

【ドコモ初の5Gルーター】Wi-Fi STATION SH-52Aのスペックを解説!

docomoの5G Wi-Fiルーター、Wi-Fi STATION SH-52Aのスペック詳細や、本機の特徴を分かりやすく解説しています。

Wi-Fi STATION SH-52Aは2020年6月1日発売です。

トミー
こんにちは!移動体通信エンジニアのトミーです。

docomoからついに5G対応のWi-Fiルーターが発表されました。

日本の通信キャリアで使用できる5G Wi-Fiルーターとしては初の発表です。

スペック等を詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。

Wi-Fi STATION SH-52Aの特徴

  • 下り最大4.1GbpsでドコモWi-Fiルーター史上最速!
  • 最新のWi-Fi通信規格(Wi-Fi6)11axに対応
  • 最大同時接続機器数は18台、有線接続も可能
  • WPSとQRコードでWi-Fi接続をアシスト
  • 5Gの電波が入らないエリアでは4G端末としても使用可能

【スペック解説】Wi-Fi STATION SH-52Aはドコモ初の5G対応ポケットWi-Fi

Wi-Fi STATION SH-52Aはドコモ初の5G対応ポケットWi-Fi

Wi-Fi STATION SH-52Aは、docomoのWi−Fiルーターで史上最速の通信速度です。

トミー
それではスペックを詳しく解説していきます。
モデル名 Wi-Fi STATION SH-52A
製造元 SHARP
カラー ブラック
対応通信規格(WAN) 5G/4G LTE/3G
最大通信速度 5G利用時:下り最大4.1Gbps/上り最大480Mbps
4G利用時:下り最大1.7Gbps/上り最大131.3Mbps
連続動作時間 5G利用時:約290分
PREMIUM 4G利用時:約280分
LTE利用時:約400分
連続待受時間 約200時間
最大同時接続台数 18台(Wi-Fi:16台/有線LAN:1台/USB:1台)
対応Wi-Fi通信規格 IEEE802.11a:54Mbps
IEEE802.11b:11Mbps
IEEE802.11g:54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4):300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5):867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6):1201Mbps
(2.4G/5GHz帯対応)
バッテリー容量 4000mAh
有線LANポート 2.5GBASE-T × 1
接続アシスト WPS、QRコード接続対応
サイズ 約268g
WORLD WING LTE・3G
【プロが解説】5Gの登場でポケットWiFiの未来はどう変わる?

続きを見る

下り最大4.1GbpsでドコモWi-Fiルーター史上最速!

下り最大4.1GbpsでドコモWi-Fiルーター史上最速!

5G利用時の通信速度は、下り最大4.1Gbps/上り最大480Mbpsで、ドコモのWi-Fiルータ史上最速です。

従来のドコモ4Gルーターと比較すると2.5倍程度の速度になっています。

WAN側の電波は、Sub6(6GHz未満の周波数)と、ミリ波(28GHzなどの高周波数)どちらにも対応しています。

トミー
5Gでdocomoは、3.7GHz/4.5GHz/28Ghzの3つの周波数帯の免許を保有していますよ。

最新のWi-Fi通信規格(Wi-Fi6)11axに対応

最新のWi-Fi通信規格(Wi-Fi6)11axに対応

iPhone11から採用されている最新のWi-Fi通信規格、Wi-Fi6に対応している点も速さの秘密です。

Wi-Fi 6では理論上の最大通信速度は9.6Gbpsですが、SH-52Aの実効速度では最大1201Mbps(1.2Gbps)と発表されています。

Wi-Fi接続時の実行速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
1201Mbps(1.2Gbps)
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
867Mbps
IEEE802.11n
(Wi-Fi 4)
300Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
IEEE802.11b 11Mbps
IEEE802.11a 54Mbps

最大同時接続機器数は18台、有線接続も可能

最大同時接続機器数は18台、有線接続も可能

同時接続可能台数は、Wi-Fi:16台、有線LAN:1台、USB:1台の合計18台です。

有線接続は、LANポートが2.5GBASE-T、USB3.0が各1ポート搭載されていて、ドライバーなどはインストールしなくても手軽に有線接続ができます。

トミー
Wi-Fi接続と有線接続の同時利用が可能です。

WPSとQRコードでWi-Fi接続をアシスト

通常のWi-Fi接続には、スマホやパソコンなどの接続機器側で固有のSSIDを探してパスワードを入力しないといけないので、初回接続時には少々面倒に感じる人も多いと思います。

SH-52Aは、QRコードをWi-Fiルーター側で表示させて、スマホで読み取ればすぐにWi-Fi接続できるという仕組みや、簡単なボタン操作だけでWi-Fi接続できるWPS(Wi-Fi Protected Setup)という仕組みを採用しています。

Wi-Fi接続設定が面倒という方にも簡単に接続できるようにアシスト機能が搭載されています。

5Gの電波が入らないエリアでは4G端末としても使用可能

5G電波が入らないエリアでは4Gの電波を使用して通信可能です。

4G利用時の最大通信速度は、下り最大1.7Gbps、上り最大131.3Mbpsです。

まだまだ5G対応エリアは広くないため、4G・5G両方の電波を端末側で自動判別しながら使用します。

【徹底比較】4G端末SH−05Lとの違い

Wi-Fi STATION SH-52A

Wi-Fi STATION SH-52A

画像出典:docomo公式サイト

Wi-Fi STATION SH-05L

Wi-Fi STATION SH-05L

画像出典:docomo公式サイト

トミー
同じSHARP製品の前モデルSH-05L(4G端末)と比較をしてみましょう。
モデル名 Wi-Fi STATION SH-52A Wi-Fi STATION SH-05L
カラー ブラック ブラック
対応通信規格(WAN) 5G/4G LTE/3G 4G LTE/3G
最大通信速度 5G利用時
下り最大4.1Gbps/上り最大480Mbps
4G利用時
下り最大1.7Gbps/上り最大131.3Mbps
PREMIUM 4G
下り最大:988Mbps/上り最大:75Mbps
LTE
下り最大:150Mbps上り/最大:50Mbps
連続通信時間 5G利用時:約290分
PREMIUM 4G利用時:約280分
LTE利用時:約400分
最大約17時間
連続待受時間 約200時間 約1200〜1520時間
最大同時接続台数 18台 11台
対応Wi-Fi通信規格 IEEE802.11ax/11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11ax/11n/11g/11b(2.4GHz)
IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
バッテリー容量 4000mAh 4000mAh
有線LAN IEEE802.3bz(2.5GBASE-T)
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
IEEE802.3(10BASE-T)
サイズ 高さ:約84mm 横幅:157mm 厚さ:約16mm 高さ:約72mm 横幅:108mm 厚さ:約15mm
重量 約268g 約150g

Wi-Fi STATION SH-52Aの特徴まとめ

まとめ

トミー
本記事執筆時点では、未発表の部分も多いですが、最大通信速度が5G(世代)になり大幅に向上しています。

国内の通信キャリアから初めて発表された5G対応Wi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」の特徴をまとめてみましょう。

まとめ

  • 販売開始は2020年6月1日
  • 下り最大4.1GbpsでドコモWi-Fiルーター史上最速!
  • 最新のWi-Fi通信規格(Wi-Fi6)11axに対応
  • 最大同時接続機器数は18台、有線接続も可能
  • WPSとQRコードでWi-Fi接続をアシスト
  • 5Gの電波が入らないエリアでは4G端末としても使用可能

人気記事Speed Wi-Fi NEXT WX06のスペックを徹底解説!WX05との比較もしてみた

人気記事【プロが解説】テレワーク(リモートワーク)に最適なポケットWiFiの選び方

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

なぜBroad WiMAX?

注意点

  • クレジットカード払いを選択しないと初期費用17,580円が発生
  • 3日で10GBを消費した翌日は緩い速度制限がある
  • auの電波を使うHS+Aモードは7GB/月の制限あり

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

BIGLOBE WiMAX

「BIGLOBE WiMAX 2+」

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金3,980円のギガ放題プラン1択で、ご利用には端末をご自身で購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界16年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 モバイル関連製品のレビューや寄稿、通信環境のコンサルティング承っております。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-Wi−Fiルーター
-

© 2020 ポケットWi-Fiのリアル