基礎知識

ポケットWiFiとモバイルWiFiの違いは気にする必要なし!

茂畑さん
ポケットWiFiとモバイルWiFiの違いって何でしょうか?

WiMAXとの違いも良く分からないんですよね。

トミー
通信業界の用語って英語の三文字略語を多く使ったり、同じ意味でも沢山の呼び方があったりして、この業界に長年居ても「?」となる事が若干あります。

ポケットWiFiとモバイルWiFiの違いや、周辺用語について分かりやすく解説して行きますね!

ポケットWiFiとモバイルWiFiの違いは?

最初に結論ですが、ポケットWiFiとモバイルWiFiは、呼び方が違うだけで意味は同じです。

通信会社各社からは持ち運びできるWiFiサービスが色々販売されていますが、日本では「ポケットWiFi」という名前が浸透していて一般的であるように思います。

もちろん「モバイルWiFi」でも正解ですし意味は同じなので、どちらでもOKです!

海外でもPocket Wi-Fi、Mobile Wi-FiどちらでもOKで、Mobile Hotspot(モバイル・ホットスポット)と言ったりもします。

少し細かい話をすると、Pocket WiFi(ハイフンなし)はSoftBankが商標登録を行っていて、SoftBankとY!mobileが販売しているサービスはアルファベット表記でPocket WiFiと言います。

WiMAXは通信規格の名称

WiMAXは通信規格の名称でLTEの一種です。

日本国内では、UQコミュニケーションズ株式会社が全国に通信基地局を作りサービスを運営しています。

WiMAXを取り扱うプロバイダーは沢山ありますが、全てUQコミュニケーションズの回線を借りてサービスを提供しています。

WiMAXとWiMAX2+は何が違うの?

UQコミュニケーションズは2009年にWiMAXの提供を開始し、2013年からWiMAXよりも高速で大容量なWiMAX2+のサービスを開始しました。

現在WiMAX・WiMAX2+両方のサービスが並行運用されていますが、2020年3月末でWiMAX側のサービスが終了しました。

今後は、WiMAXで使わなくなった電波の周波数をWiMAX2+側に割り当てることによって、WiMAX2+の通信速度をより高速にする施策を順次行うことになります。

UQコミュニケーションズ プレスリリース

画像出典:UQコミュニケーションズ プレスリリースより

2つのWiMAX

WiMAX
(IEEE802.16e)
2020年3月末でサービス終了

WiMAX2+
(IEEE802.16m/WiMAX Release2.1)
現在こちらが主力!WiMAXと比べて速い!

トミー
比較的新しい端末では、au 4G LTEの電波を使う、ハイスピードプラスエリアモードという通信モードもオプションで使用する事ができます。

WiMAX2+の電波が悪い場所では、このハイスピードプラスエリアモードを使用すれば改善される事が多いです。

Y!mobileの通信方式はAXGP

AXGPはPHSを高速化したLTE(TD-LTE)と互換性の有る通信方式です。

かつて存在したPHS会社のウィルコムが所有していた通信基地局をY!mobile(Wireless City Planning株式会社)が継承したため、Y!mobileが主力としている通信方式です。

Y!mobile(Wireless City Planning株式会社)はSoftBankの子会社のため、Y!mobileのポケットWiFiではSoftBankの電波も併用して通信をします。

Y!mobileの単独電波だけだと、どうしてもエリアや速度が弱い傾向にあり、WiMAXよりも劣勢と思われましたが、最近の端末ではSoftBank側の電波を多く利用できるため高速でエリアも広くなってきました。

茂畑さん
PHSって懐かしいですね。昔使ってました!

ポケットWiFiと家庭用無線LANは何が違うの?

トミー
ポケットWiFiと家庭用無線LANのインターネット接続イメージを図にしてみました

インターネット接続イメージ

家庭用無線LAN

自宅などで使用する無線LANは、主に光ファイバーなどを自宅に引き込みホームゲートウェイなどと接続します。

ホームゲートウェイとPCスマホなどの接続機器間はWiFi接続して通信をします。

このホームゲートウェイは光回線終端装置(ONUといいます)としての役割の他に、固定電話を接続したり、WiFiルーターとして機能する物もあります。

ホームゲートウェイの代わりに単体のONUや、WiFi機能無しのホームゲートウェイを利用する場合は、別途、据置タイプなどのWiFiルーターを用意する必要があります。

自宅から最寄りデータセンターまでは、固定回線なので速度も早く安定性が高いという利点があります。

ポケットWiFi

最寄りの通信基地局からの電波をポケットWiFiが送受信して通信を行います。

PCやスマホなどの接続機器間は家庭用無線LANと同じように、WiFi電波を使用してインターネットに接続します。

ポケットWiFiは、移動中にインターネットに接続したり、手軽に持ち運べるという利点が有りますが、電波が届かない場所では通信する事ができないという欠点もあります。

ポケットWiFiと固定回線どっちを選ぶ?迷った時にはここを確認!

続きを見る

端末の呼び名は?

WiMAX モバイルタイプ端末 W06

端末の呼び方も沢山の呼び方があって人によるのですが、モバイルWiFiルーター、ポケットWiFiルーター、モバイルWiFi端末、ポケットWiFi端末、何でもOKです。

トミー
他にも色々な呼び方がありますね。

ただし、WiFiルーターとだけ言ってしまうと、ホームタイプの据置型ルーターの事なども含まれてしまうので、この点には注意が必要です。

茂畑さん
「WiFiルーター」とひと言で言っても色んなタイプがあるんですね。

WiFiとWi-Fiどちらが正しい表記?

ハイフンありとなしの表記が存在していますが、正式な表記はハイフンありの「Wi-Fi」です。

Wireless Fidelity(ワイヤレス・フィディリティ)の頭文字から来ていて、オーディオ関連で良く使われる用語、Hi-Fi(ハイ・ファイ)の韻を踏んで命名されたと言われています。

正式名称の「Wi-Fi」はWi-Fi Allianceの商標登録なので、商品名などに利用する場合はハイフンなしの「WiFi」表記となっている事があります。

トミー
当サイトでも両方の表記を使用していますが意味は同じです。

【まとめ】ポケットWiFiとモバイルWiFiの違い

トミー
この記事の要点をまとめてみましょう。

まとめ

  • ポケットWiFiとモバイルWiFiの違いは、呼び方が違うだけで意味は同じです
  • WiMAXは通信規格の名称でLTEの一種
  • WiMAX2+はWiMAXよりも高速で大容量の通信が可能
  • Y!mobileの通信方式はAXGP(TD-LTE互換)
  • 端末の呼び方は「WiFiルーター」のみだと据置型のルーターも含まれるため少し注意が必要
  • ワイファイの正式表記はハイフン有りの「Wi-Fi」

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

なぜBroad WiMAX?

注意点

  • クレジットカード払いを選択しないと初期費用17,580円が発生
  • 3日で10GBを消費した翌日は緩い速度制限がある
  • auの電波を使うHS+Aモードは7GB/月の制限あり

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

BIGLOBE WiMAX

「BIGLOBE WiMAX 2+」

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金3,980円のギガ放題プラン1択で、ご利用には端末をご自身で購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界16年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 モバイル関連製品のレビューや寄稿、通信環境のコンサルティング承っております。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-基礎知識

© 2020 ポケットWi-Fiのリアル