移動体通信エンジニアが速度や料金を徹底比較

ポケットWi-Fiのリアル

上手な選び方

田舎に強いポケットWi-Fiの選び方!契約前に確認したい4つの事

投稿日:2019年8月19日 更新日:

田舎に強いポケットWi-Fiの選び方!契約前に確認したい4つの事

茂畑さん
田舎ではスマホやポケットWi-Fiなどのモバイル端末が繋がりにくいイメージがありますが、実際のところどうなんでしょうか?

実家が田舎なので帰省するときに使えないと結構困るんですよね。

トミー
通信業界ではルーラルエリアという言い方をしますが、実際のところ都市部と比べると繋がりにくい場所はやはり多いかもしれませんね。

田舎に強いポケットWi-Fiの選び方を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください!

田舎に強いポケットWiFiの選び方

田舎に強いポケットWiFiの選び方

田舎に強いポケットWi-Fiを選ぶ際、最も重要になってくるのが使用する場所に電波が届くか?という点です。

まず電波が届くか?という観点からは、サービスエリアと周波数がポイントになります。

基本的にはWiMAXが通信速度が早くサービス提供エリアも広いため、優先順位はWiMAXを最初に検討し、ダメな場合は他のキャリアを考えるとした方が良いでしょう。

また、契約面では、契約容量超過時の通信制限や、繋がりにくかったり速度に不満があった場合の初期解約期間を確認しておくと良いでしょう。

トミー
それでは一つずつ見ていきましょう

1.提供エリアを確認する

まずは、ご自身の居住エリアがサービス提供エリア内であるかを確認します。

本記事では、WiMAX(Broad WiMAX)とY!mobileのエリア確認方法をご紹介しています。

WiMAXのサービス提供エリア確認方法

①Broad WiMAXのサイトにアクセスし、エリア確認のマークをクリック

Broad WiMAX公式サイトはこちら

Broad WiMAX公式サイト画面キャプチャ

②簡単エリア確認を選択

Broad WiMAX公式サイト画面キャプチャ

③ページが遷移したら、スクロールして「エリアを確認する」のボタンをクリック

Broad WiMAX公式サイト エリア確認キャプチャ

④サービスエリアマップを選択

WiMAX サービスエリアマップ 画面キャプチャ

⑤ご自身のお住まいのエリアをクリック

WiMAX サービスエリアマップ 画面キャプチャ

⑥マップに色が付いているエリアがサービス提供エリアです

WiMAX サービスエリアマップ 画面キャプチャ

  • 2の色がWiMAX2+の提供エリアです。(ここが重要!)
  • 1の色がWiMAX2+の中でも、さらに高速な440Mbpsの高速通信対応エリアです。
  • 3の色がこれからサービス提供予定で、現在準備中のエリアです。

Y!Mobileのサービス提供エリア確認方法

①Y!mobileのサイトにアクセスし、ご自身のお住まいのエリアをクリック

Y!mobile公式サイトはこちら

(Pocket WiFi 801HWのエリアを例に解説します)

Y!mobile Pocket WiFi 801HWエリアマップ

②サービス提供エリアを確認します

Y!mobile Pocket WiFi 801HWエリアマップ

  • 赤色のエリアがY!mobileのAXGP通信方式をメインに使用するエリアです。
  • 青色のエリアがSoftBank3Gのエリア(2.1GHz)を併用するエリアです。

ルーターの機種によって対応エリアが異なるため、使用する機種を変更して確認したい場合は、最初に戻り「他の機種を確認する」をクリックして機種を選択してください。

2.周波数を確認する

普段スマホや携帯などを利用していても、なかなか利用している電波の周波数まで意識している人は少ないと思います。

ですが、田舎で利用する場合は利用する周波数が結構重要になってきますので、使用する周波数を確認しましょう。

通信事業者によって最適化されたエリア設計がされているため、あまり意識する必要はないかもしれませんが、知っているのと知らないのとでは大違いです。

トミー
わかりやすく解説しますので、苦手な人も是非この項目は目を通して頂きたいです。

回線事業者が取り扱っている周波数は後述します。

まず、田舎では鉄塔局を中心に、少数の基地局で広範囲のエリアをカバーするようなエリア構築が中心となっています。

そして、ルーターの機種や通信モードによっては、関連他キャリアの電波を併用したCA(キャリア・アグリゲーション)を利用し、通信品質を向上させる技術がありますが、使用する周波数によって通信速度と電波の届き方が異なります。

CA(キャリア・アグリゲーション)のイメージをY!mobileの例で解説します。

実は、この中でY!mobile(Wireless City Planning社)が所有している電波は2.5GHzのみですが、資本関係にあるSoftBank社の3.5GHz、1.7GHz、700MHzを併用する事によって繋がりやすさと通信速度を向上させています。

画像出典:Y!mobile公式サイトより

周波数による通信速度と電波の届き方の特徴は以下の通りです。

周波数別、通信速度などの特徴

周波数別、通信速度などの特徴

キャリアアグリゲーションで使用する周波数に、以下の帯域がなるべく含まれている事が望ましいです。

山間部、平野部の場合を例に挙げましたので、次の項目でぜひ参考にしてみてください。

山間部の場合

山間部の場合

山間部は、700〜900MHzのプラチナバンドが木や山の陰などに回り込み可能なため強いです。

また、低周波数の電波は遠くまで届きやすい性質を持っていますが、高周波数と比べると低速な通信となります。

低周波数

各キャリアが利用している周波数

au:700MHz、800MHz

docomo:700MHz、800MHz

SoftBank:700MHz、800MHz、900MHz

平野部の場合

平野部の場合

遮蔽物が少ない平野部などの場合は、直進性のある高周波数(1.5〜3.5GHz)が入っていると快適に使えるでしょう。

高周波数帯は利用できる帯域幅が増えるため高速な通信が可能ですが、遠くまで電波は届きにくいという特徴がありますので、この点には注意が必要です。

高周波数

各キャリアが利用している周波数

au:1.5GHz、2.0〜2.1GHz、3.5GHz

docomo:1.5GHz、1.7〜1.8GHz、2.0〜2.1GHz、3.5GHz

SoftBank:1.5GHz、1.7〜1.8GHz、2.0〜2.1GHz、3.5GHz

UQ WiMAX:2.5〜2.6GHz

Y!mobile:2.5GHz

3.通信制限を確認する

光ファイバーのような固定回線の替わりに、ポケットWi-Fiを利用する場合は通信制限の有無を確認しましょう。

月の利用上限7GBなどの制限のあるプランを申し込んでしまうと、容量を超えてしまった場合に速度規制に引っかかり、ほとんど使い物にならなくなってしまいます。

通信キャリアプラン通信制限の内容
WiMAX

無制限3日間で10GBを超えた日の翌日(18時〜翌2時頃)に1Mbpsに制限される
7GB7GBを超える利用で当月内128Kbpsに制限
Y!mobile無制限10GBを超えた日(18時〜翌1時)に1Mbps
7GB7GBを超える利用で当月内128Kbpsに制限

4.初期解約期間を確認

実際に契約してみたけど「全然繋がらない!」あるいは「遅すぎて使い物にならない!」という場合でも、消費者保護の観点から初期解約が可能です。

トミー
通信契約は2〜3年と長期間の契約になる事が一般的なので、全く使えないものを長期契約するのは、お金をドブに捨てるのと同じ事ですからね。

法令では通信契約の初期解約制度は8日以内という条件が定められていますが、中には20日以内という良心的な期限を設けているプロバイダーもあります。

ルーターなど一式を返却する必要がありますが、破損してしまっていたり品物に欠品があると実費請求となります。

また、契約時の事務手数料は返還されません。

基本的には8日以内に解約のアクションが必要という事を覚えておき、初期解約期間と解約方法を事前に確認しておくようにしましょう。

《初期解約申請の方法》
電話で?メールで?書面で?

《返却期限》
8日以内にルーターを発送していればOK?
8日以内にルーターがプロバイダに到着している必要がある?

通信キャリア初期解約に関する条件
Broad WiMAX「商品」を受領した日から起算して8日以内に、Broadサポートセンターまでご連絡いただければ契約解除を行うことが出来ます。

Broad WiMAX公式サイト「初期契約解除制度」より

Y!mobileサービス提供開始日または契約書面受領日の何れか遅い方から当該日を含む8日間、ご契約のキャンセルが可能です。

8日間キャンセルはご契約いただいた店舗またはワイモバイル オンラインストア事務局(オンラインで購入された方のみ)へご申告ください。

Y!mobile公式サイト「契約のキャンセル 」より

田舎でWiMAXが強い理由は?

田舎でWiMAXが強い理由は?

WiMAXは光ファイバーが引けない地域の救世主です。

田舎などで(特に山奥など)では、光ファイバーが物理的な理由で引き込みできないケースや、通信事業者側で電柱を何本も建柱したり、光ファイバーを何kmも張ったりするのに、とてつもない費用を要するため、費用対効果により断念するケースがあります。

光ファイバーを提供できない地域への代替の手法としてBWA(Broadband Wireless Access)の導入が、自治体や地域BWA事業者などにより促進されています。

トミー
ブロードバンドとは広帯域で高速な通信の事で、ワイヤレス・アクセスとは、無線通信の事ですね。
地域BWAサービスのイメージ

画像出典:総務省ホームページより

有線ではなく、無線で伝送すれば物理的な障壁が少ないため、今までブロードバンド環境を利用できなかった地域でも導入がしやすくなります。

BWAサービスの周波数割り当て状況を確認すると、現在は以下の通りとなっています。

BWAサービスの周波数割り当て

画像出典:地域BWA推進協議会

※全国BWA(Wireless City Planning)はY!mobileの事です。

無線でのブロードバンド環境には、帯域幅を多く取れる高周波数帯の電波が必要なため、まずWiMAXが候補に挙がり地域BWAとして最初に利用される事になりました。

その後、追従する形でY!mobileのAXGP方式や、良く耳にするLTEが採用されていきました。

まず最初にWiMAXが選出されたという事は、技術的な観点からも認められた田舎に強い通信方式であるという事が言えます。

まとめ:田舎に強いポケットWi-Fiの選び方

まとめ:田舎に強いポケットWi-Fiの選び方

繰り返しになりますが、WiMAXは地域BWAに初期から採用されている通信方式で、エリアも広く帯域幅も多く取れる高周波数の通信のため、WiMAXをまず一番はじめに検討してみると良いでしょう。

そして、田舎に強いポケットWi-Fiを選ぶ際、最も重要になってくるのが「使用する場所に電波が届くか」です。

トミー
契約前には以下の4つを事前に確認するようにしましょう!
  1. サービス提供エリアを確認する
  2. プロバイダやルーターの使用周波数を確認する
  3. 通信制限を確認する
  4. 初期解約期間と解約方法を確認する
トミー
複数キャリアのサービス提供エリア内の場合は、地形による電波の届きやすさも考慮できると良いですね。
  • 山間部の場合は、山や木の陰にも電波が届きやすい周波数、700〜900MHzのプラチナバンドが入っている事が望ましい。
  • 平野部の場合は、遮蔽物が比較的少ないため高速通信可能な、1.5〜3.5GHzの周波数でも比較的利用できる。
茂畑さん
周波数が繋がりやすさや速度に影響するとは知らなかったので、とても勉強になりました!

当サイトおすすめプロバイダー

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

11/29まで!当サイト経由のお申し込みで6,000円キャッシュバック!

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。
キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。
他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

どんなときもWiFi

どんなときもwifi

おすすめポイント

  • 3キャリアの回線使用で繋がりやすい
  • 使い放題(無制限)
  • シンプルな料金体系
  • 国内・海外もこれ1台でOK
  • 最短即日発送ですぐ使える

どんなときもWiFiは、au・docomo・SoftBankのLTE回線を電波の強さによって自動選択し、常に最適化された通信を行います。

WiMAXが提供エリア外の場合、一番最初に検討したいサービスです。

クラウドSIMを使った次世代のポケットWi-Fiで、3キャリアの電波を使用するため、使えるエリアは必然的にポケットWi-Fiの中で最強となります。

データ容量に関しても、一般的には3日で10GBを消費した場合には制限が掛かる事が多いですが、どんなときもWiFiでは制限は一切無く、本当の意味で無制限を実現しています。

また、世界107カ国で使用できるため、海外利用時も面倒な手続きなしでそのまま利用可能です。

-上手な選び方

Copyright© ポケットWi-Fiのリアル , 2019 All Rights Reserved.