モバイル通信コラム

クラウドSIMの仕組みをプロが徹底解説!メリット・デメリットは?

クラウドSIMとは、ユーザー側の端末で物理的なSIMカードを使用しない、ソフトウェアSIMのことを言います。

本来は端末に搭載された契約情報や、識別情報などのデータを保有したSIMカードを使って通信をしますが、クラウドSIMを使った通信ではSIMサーバー上にあるSIMカードを使用します。

SIMサーバーでは各地域での通信に必要なSIMカードを保有しています。

ユーザー側の端末にはシードSIMというソフトウェアが組み込まれていて、ここにSIMサーバー上のSIMカードのプロファイル情報を、都度割り当てることにより通信します。

これにより、使う国や地域に応じてユーザー側で端末にSIMカードを差し替えることなく現地のSIM情報をダウンロードし通信する仕組みです。

トミー
au・SoftBank・docomoなど、複数回線を使用できるポケットWi-Fiは、クラウドSIMの技術を使用しているので「クラウドWi-Fi」と言います。

クラウドSIMの仕組みを分かりやすく解説

クラウドSIMの通信フロー

クラウドSIMの通信フロー

クラウドSIMの通信フロー

  1. 端末はローミングネットワーク経由で、位置情報をSIMサーバーに通知します
  2. SIMサーバーは端末の位置情報を受信し、保有されているSIMカードの中から使用するキャリアを選択します
  3. 使用するSIMカードのプロファイル情報を端末に送ります
  4. 端末は選択されたSIMカードのキャリアの電波を使用し、通話やインターネットを利用します
トミー
SIMサーバーは、SIMプールや、SIMバンクとも言われ、本当に世界各国のSIMカードが沢山刺さっています。

中国のuCloudlink社がビジネスモデルを展開

画像出典:uCloudlink公式サイト

uCloudlinkは2011年に発足され、クラウドSIMを中心に世界各国で特許を獲得し事業を世界展開しています。

同社は中国の香港が本社で、GlocalMeというブランドで端末販売と、Roamingmanというレンタル向けサービスのブランドを運営しています。

GlocalMeの端末はAmazonなどでも購入する事ができます。

Amazonで購入した場合は、140カ国で使用できる1.1Gの容量付きで、容量の追加購入は専用のサイトにアクセスして購入します。

クラウドWi-Fiとは?

冒頭でも少し触れましたが、クラウドWi-Fiとは、クラウドSIMを使用したWi-Fi端末またはWi-Fi接続サービスのことを言います。

日本ではY!mobileが自社のポケットWi-Fiサービスで、いち早くuCloudlink社の端末(701UC)を導入し話題になりました。

この他にも、どんなときもWiFiや、めっちゃWiFiなど多くの事業者がuCloudlink社の端末(U2・U2s・D1)を使用しています。

また、日本のMAYA SYSTEMがuCloudlinkのOEM製品としてjetfonというブランド展開をしており、限界突破WiFiが端末に採用しています。

端末モデル名 採用している事業者
G3(701UC) Y!mobile
U2・U2s(D1) どんなときもWiFi
よくばりWiFi
Mugen WiFi
めっちゃWiFi
hi-ho GoGo Wi-Fi
G4 Mugen WiFi
hy-fi
P3(jetfon P6) 限界突破WiFi
MAYA SYSTEM

G3(701UC)GlocalMe G3(701UC)

U2・U2s(D1)GlocalMe U2・U2s(D1)

G4GlocalMe G4

P3(jetfon P6)

画像出典:Amazon、Glocalme公式サイト

トミー
クラウドWiFiは通信事業者以外にも参入する企業が多く、それだけ沢山の人が注目をしている技術という事が分かります。
GlocalMeのWiFiルーターU2s/D1をレビュー!どんなときも使える!?

続きを見る

【jetfon P6】スマホライクな限界突破WiFiの端末スペックを徹底解説!

続きを見る

クラウドSIMのメリットは?

トミー
クラウドSIMには、以下の大きなメリットがあります。

クラウドSIMのメリット

  • 1本の契約で複数キャリアの回線を使用できる
  • 世界中で利用可能
  • SIMカードの差し替えをしなくて良い

1本の契約で複数キャリアの回線を使用できる

従来の通信は1契約で1キャリアの回線しか使用できない1対1のものでしたが、クラウドSIMでは、1本の契約で数キャリアの通信ができる事が特徴です。

SIMサーバーにSIMカードを保有できる限り、通信できるキャリアは無限に広がります。

世界中で利用可能

その国のSIMカードがSIMサーバーに保有されていれば、どこの国でも利用する事が可能です。

海外で使用する場合も、渡航先の国で使用できる使用SIMカードの購入や手続きをしたりする必要はなく、そのまま渡航先で使用できます。

さらにプリペイド式のSIMカードは基本的には割高な傾向がありますが、現地とほぼ同等の通信費で利用する事ができます。

端末にSIMカードの差し替えをしなくて良い

SIMカードは全てSIMサーバー上に保有されているので、ユーザー側で端末にSIMカードをわざわざ差し替えたりする必要がありません。

クラウドSIMのリスクとデメリットは?

トミー
クラウドSIMのデメリットと、考えられるリスクについて解説します。

クラウドSIMのデメリット

  • 接続する回線はユーザー側で選べない
  • 端末のスペックがボトルネックになる事がある
  • SIMサーバーを運用する事業者の管理能力が問われる

使用する回線はユーザー側で選べない

クラウドSIMは複数キャリアの回線を使用する事ができますが、使用する回線はSIMサーバーの運用事業者のコントロール配下にあるため、ユーザー側で選択する事ができません。

もしユーザー側で使用する回線(SIM)を選択したい場合には、eSIMという2つの通信プランを同時に利用できる技術があります。

iPhoneではデュアルSIMと言われていますが、通常使う回線契約とは別に追加で契約をし、ユーザー側で切り替えながら使用する事ができます。

例えば、MNOの回線+格安SIM(MVNO回線)の2キャリアを切り替えながら使うという方法も取れます。(利用するには端末のSIMロックが解除されている必要があります)

端末のスペックがボトルネックになる事がある

端末は全世界共通の端末を使用するため、利用する国で提供しているバンド(周波数)に端末が対応していないと電波を掴めないため、通信ができない、電波が弱いという事態になる可能性があります。

また、利用する国の回線事業社側で素晴らしいパフォーマンスの回線速度を提供していたとしても、通信速度は端末側の最大通信速度に依存します。

これはクラウドSIMに限った話ではないですが、スペックの低い端末を使用している場合には、思うような通信ができないことがあります。

スペックに注意が必要

  • 利用可能バンド(周波数)
  • 最大通信速度

SIMサーバーを運用する事業者の管理能力が問われる

au・docomo・SoftBankなどの回線事業者(MNO)は回線のトラフィックを厳しく監視していて、日々回線がパンクしないように保守・管理しています。

具体的には、データの通信経路をVLAN(バーチャル・ラン)というIDで管理していますが、コア設備の処理能力を超えないように、しきい値を設けています。

しきい値を越えそうになった場合には、基地局固有のVLAN IDを変更し通信経路を変更することなどにより収容されるコア設備の負荷分散をかけています。

この他にも設備の冗長構成を取ったり、回線を絶対に停止させないように、あらゆる手段で備えています。

ここが重要

  • 設備の保守メンテナンス
  • トラフィックの分散

SIMサーバーは、通信を司る一番大切な中枢(人間の体で言えば脳)の役割をしているので、この部分がパンクしていたり、何かトラブルがあると通信ができない状態になります。

つまり、SIMサーバーを運用する事業者の管理能力がとてもに重要なります。

個人的にはSIMサーバーを管理する事業者もMNOと同等の保守管理体制が必要になると考えています。

ちなみに、日本の電気通信事業法では、3万人以上に2時間以上の影響を与える通信障害を発生させた通信事業者は、総務省へ重大事故として30日以内に報告が必要になります。

まとめ

トミー
クラウドSIMの仕組みをまとめてみましょう。

クラウドSIMは、SIMサーバー上にあるSIMカードを使用し、ユーザー側の端末にSIMカードを差し替えることなく、現地のSIM情報をダウンロードし通信する仕組みです。

クラウドSIMのメリット

  • 1本の契約で複数キャリアの回線を使用できる
  • 世界中で利用可能
  • 端末にSIMカードの差し替えをしなくて良い

クラウドSIMのデメリット

  • 接続する回線はユーザー側で選べない
  • 端末のスペックがボトルネックになる事がある
  • SIMサーバーを運用する事業者の管理能力が問われる

トミー
少し専門的な話になってしまいましたが、現在クラウドSIMは世界的に注目されている技術である事は間違いないです。

分かりにくかったり、理解できなかった場合は、是非Twitterメールなどで遠慮なくご質問を投げかけてください。


人気記事【プロが解説】テレワーク(リモートワーク)に最適なポケットWiFiの選び方

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

なぜBroad WiMAX?

注意点

  • クレジットカード払いを選択しないと初期費用17,580円が発生
  • 3日で10GBを消費した翌日は緩い速度制限がある
  • auの電波を使うHS+Aモードは7GB/月の制限あり

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

BIGLOBE WiMAX

「BIGLOBE WiMAX 2+」

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金3,980円のギガ放題プラン1択で、ご利用には端末をご自身で購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界16年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 モバイル関連製品のレビューや寄稿、通信環境のコンサルティング承っております。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-モバイル通信コラム
-

© 2020 ポケットWi-Fiのリアル