モバイル通信コラム

災害時にポケットWi-Fiは役に立つのか?今できる通信環境の備えはある?

災害時にポケットWi-Fiは役に立つのか?今できる通信環境の備えはある?

はじめに

このページは、災害時の通信について多くの人に正しい認識を持って頂きたいと思い記事にしています。

私は普段からネットワークの復旧対応に携わっていますが、自然災害起因での復旧対応が年々増えているように感じます。

内閣府の発表によると、日本国内で30年以内にM7〜M8クラスの地震が発生する確率は70〜80%と言われています。

地震だけではなく台風や大雨など、今までに無かった規模の災害も増えていますので、今できる準備をして万一の際に生かして頂ければ幸いです。

この記事で分かること

  • 災害時にポケットWiFiは役に立つのか?
  • 災害が発生した際に通信はどのようになるのか?
  • 通信事業者・災害時対応の一例
  • 今できる通信環境の準備 など

この記事の著者:トミー

通信業界18年目、現役の移動体通信技術者です。
これまでに3Gの周波数再編や4G LTEの立ち上げ、災害で使用できなくなったネットワークの復旧対応、BWAのエリア構築などを行い、北海道から沖縄まで日本全国のモバイル通信を陰で支えてきました。現在は5Gのエリア構築に深く携わっています。

» (筆者愛用中)5G対応でデータ容量無制限のBroad WiMAXに関する詳細はこちら

災害時にはポケットWi-Fiも使えなくなる可能性がある

災害時にはポケットWi-Fiも使えなくなる可能性がある

まず結論ですが、災害時にはポケットWi-Fiも使用できなくなる可能性があります。

なぜ利用できなくなるのか、その理由などについて詳しく解説します。

要点

  • ポケットWi-Fiの通信ルートは基本的にスマホと同じである
  • 停電の場合、基地局備え付けの蓄電池で数時間は利用可能な場合有り
  • ネットワーク設備が損傷を受けた場合、復旧までにそれなりの時間が掛かる

ポケットWi-Fiの通信ルートは基本的にスマホと同じ

ポケットWi-Fiの通信ルートは基本的にスマホと同じ

ポケットWi-Fiはスマホ・携帯電話と同じように、最寄り通信基地局の電波を使用してデータの送受信をしています。

そのため、停電や設備故障などで、基地局やネットワークセンターにトラブルが起きると正常な通信ができなくなります。

一部例外はありますが、原則として契約した通信会社の回線、もしくは契約した通信会社が提携している会社の回線を使用する事になります。

基地局の場所や、使える周波数なども各通信会社によって様々です。

モバイルネットワークの通信イメージ

モバイル環境での通信イメージ

停電の場合、基地局備え付けの蓄電池で数時間は利用可能な場合有り

通信基地局を動かすために電力が必要ですが、停電が発生した場合、数時間〜最大24時間程度は非常用電源で凌げる場合もあります。

ただし、蓄電池や自家発電機能を備え付けている基地局はそこまで多くなく、停電対策されているエリアは限られています。

また、街の電柱などに取り付けてある小型基地局に蓄電池は搭載されていませんので、停電の際には通信ができなくなります。

停電対策が強化されている地域は、通信会社のホームページで公開されています。

ネットワーク設備が損傷を受けた場合、復旧までにそれなりの時間が掛かる

災害時に想定されるネットワーク断の要因

災害時に想定されるネットワーク断の要因

前述の通り、通信基地局〜ネットワークセンターの間には様々な通信機器があります。

電源が供給され、全ての機器が正常な状態でないと通信はできません。

通信事業者ではネットワークの保守担当が、24時間365日体制で設備に異常がないかを監視しています。

システムで異常を検知するとアラームが発報され、ネットワークの保守担当は原因の特定を開始します。

基地局側でアンテナや無線機、伝送装置が故障してしまった場合には現地に出向き交換したり、基地局とネットワークセンターを結ぶ光ファイバーが切断されてしまった場合には、切れてしまった箇所を融着や引き直しをしたりして復旧させます。

この対応箇所が多ければ、その分復旧までに時間がかかります。

トミー
復旧までに時間がかかりそうな場合は、移動型の可搬基地局や車載型基地局を現地に持って行き、臨時的に周辺ユーザーのスマホ・携帯を使えるようにする事もあります。

通信事業者各社は災害を想定した復旧・BCPプランを持っている

通信事業者各社は災害を想定した復旧・BCPプランを持っている

BCPとは、Business Continuity Planning(事業継続計画)の略で、企業などが災害発時に事業を継続して行えるように、予め用意しておく計画のことです。

大手通信事業者では災害時に、通常の基地局エリアよりも広いエリアで使えるネットワーク(大ゾーンエリア)を使用できるようにする等準備がされています。

大手通信事業者・災害復旧プランの一例

各通信事業者の災害対策への取り組みのページでは、災害発生時にどのように通信を復旧させるのか具体的なプランが発表されています。

ドコモの災害時に運用する大ゾーン基地局は、各都道府県に概ね2箇所、全国に100箇所以上存在します。

画像出典:ドコモ 公式サイト

移動車載基地局や、可搬型基地局の配備数を公開している事業者もあるので、各キャリアの対策状況を比較してみるのも良いかもしれません。

楽天モバイルの車載基地局

画像出典:楽天モバイル 公式サイト

大切なのは複数の通信手段(ネットワーク)を用意しておく事

大切なのは複数の通信手段(ネットワーク)を用意しておく事

トミー
私は定期的にSNSで以下のような発信をしていますが、普段から複数の通信手段を用意しておく事はとても重要です。

安価な維持費で準備できる回線もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

WiMAXはauとUQ2つのネットワークが利用可能

WiMAXはauのネットワークと、UQ(WiMAX)のネットワーク、2種類が標準利用できます。

特に、KDDIは2021年にアメリカのスターリンク社と業務提携し、auの一部ネットワークに活用すると発表しました。(現在共同でテストが進められています)

スターリンクは、PayPalやテスラの創業者としても知られるイーロン・マスク氏の会社で、衛星を利用したブロードバンド通信を提供する会社です。

これまでに地球の軌道上に2,000機以上の通信衛星を打ち上げていて、最終的に1万2000機以上の通信衛星で、球上全体への通信サービスを提供できるようにする計画です。

トミー
ご存知の方も多いかもしれませんが、スターリンクは既に2022年のトンガ噴火や、ウクライナでの有事の際に現地で大きく活躍しました。

Broad WiMAX

Broad WiMAXは、ポケットWi-Fiの中でも高速通信で利用者の多いWiMAXのMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

WiMAXは全社的に同じネットワークを使用するため、どのプロバイダーで契約しても使用できる通信エリアは同じです。

Broad WiMAXなら、他社から乗り換えの場合、19,000円まで違約金を肩代わりしてくれるサービス有り。

月額料金(税込)2,090円〜4,708円
利用ネットワークau・UQ
最大通信速度下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
(端末により異なる)
通信制限一定期間内に大量のデータ通信をすると、ネットワーク混雑時間帯に速度制限がかかる場合有り
同時最大接続数16台(端末により異なる)

楽天モバイルは、もしもの時のサブ回線として優秀

楽天モバイルは、毎月利用したデータ量分だけ課金される仕組みの料金プランです。

毎月3GBまでは1,078円、最大3,278円(税込)が上限でデータ量無制限で利用できます。

安価な維持費で、もしもの際に備える事ができます。

また、070から始まる電話番号も一つもらえるので、ポケットWi-Fiとしての利用だけではなく、SIMカードをスマホに差し替えれば電話番号での音声通話もできます。

ポケットWiFiに同梱されているSIMカード

楽天モバイルのSIMカード

楽天モバイルは、5Gのエリア構築に力を入れている通信キャリアですが、現在、楽天で販売中のポケットWiFiは、本体が5G通信に対応していないので、4Gでの通信になります。

同梱されてくるSIMカードをスマホに挿して利用する事もできますので、スマホが5G通信に対応した端末であれば楽天の5G回線を利用する事ができます。

月額料金(税込)3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB〜上限なし:3,278円
利用ネットワーク楽天・一部au
最大通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
(端末により異なる)
通信制限楽天自社回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:50GB/月(容量超過後は1Mbpsに速度制限)
同時最大接続数16台(端末により異なる)

Wi-Fiスポットを把握しておくと万一の際に役に立つ

モバイル環境が繋がらなくなった場合、固定回線経路なら利用可能というケースもあります。

各キャリアが店舗などで提供しているWi-Fiスポットは、元々はモバイルネットワークへのトラフィック負荷を軽減させるために構築されている意味合いもあります(Wi-Fiデータオフロードと言います)

そのため、モバイルネットワークとは別のWi-Fi専用通信経路になっている事が多いです。

事前に頭の中に入れておくと万一の際に役に立つかもしれません。

また、お近くのフリーWi-Fiスポットを現在地から把握できるアプリなどを使用して、フリーWi-Fi提供場所を把握しておくのも良いでしょう。

タウンWiFiアプリ by GMOはダウンロードも利用も無料です。

タウンWiFi by GMO 

iPhone用andorid用

トミー
フリーWi-Fiは、不特定多数のユーザーが使用し、アクセスポイントによっては暗号化されていない通信を使用している場合があります。

セキュリティリスクに関して十分ご留意頂き、重要な情報の通信は行わないようにしましょう。

クラウドSIM型のポケットWi-Fiは役に立つ?

クラウドSIM型のポケットWi-Fiは、一本の契約でドコモやソフトバンク、auなど複数キャリアの電波を自動選択して通信する仕組みです。

一見、災害時に強い印象を受けますが、SIMサーバーと呼ばれる特殊な装置が中央集権的な役割を担っているため、このSIMサーバーがダウンすると、どのネットワークにも繋がらなくなります。

複数キャリアが使用できるという大きなメリットもあり、一概に何が良くて何が悪いとは言えませんが、このようなリスクがある事を頭に入れておく必要があります。

クラウドSIM型WiFiの構成イメージ

クラウドSIM型WiFiの構成イメージ

また、SIMサーバー運営事業者に対しては、ドコモやソフトバンクなどのMNO事業者と比べて、まだ厳格な運用ルールや規制もないため、復旧プランやBCP体制についも現時点では不透明な懸念があります。

参考クラウドSIMの仕組みをプロが徹底解説!メリット・デメリットは? 

災害時に無料開放される00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)

00000JAPANのロゴ

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)は、大規模災害時に無料で解放されるWi-FiのSSIDで、大手通信事業者やメーカー、地方自治体が共同で提供しているサービスです。

00000JAPANの無料解放エリアに入ると、スマホ側でSSIDが現れるようになり、契約している通信会社に依存せずに使用できます。

00000JAPANの発動状況

なお、緊急時の利便性を優先させているため、00000JAPANの通信は暗号化されていません。

個人情報や重要な情報の送受信はしないようにしましょう。

まとめ

まとめ

トミー
災害が起きてから後悔をしないために、事前の準備が大切です。

後回しにせず、ぜひ今できる防災や通信環境の備えについて考えてみてください。

まとめ

  • 災害時にはポケットWi-Fiも使えなくなる可能性がある
  • 停電の場合は基地局備え付けの蓄電池で数時間は利用可能な場合有り
  • ネットワーク設備が損傷を受けた場合、復旧までにそれなりの時間を要する
  • 通信事業者各社は災害を想定した復旧・BCPプランを持っている
  • 複数の通信手段を用意しておくと不通に対するリスクが軽減

参考内閣府 防災情報のページ

参考政府広報オンライン 自然災害から命を守るため、知っておいてほしいこと 

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界18年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 当サイトの記事を全て執筆、作図や動画編集も含め全て一人で行っています。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-モバイル通信コラム