Wi−Fiルーター

【スペック解説】Speed Wi-Fi 5G X01はKDDI初の法人向け5Gルーター

【スペック解説】Speed Wi-Fi 5G X01はKDDI初の法人向け5Gルーター

トミー
こんにちは!移動体通信エンジニアのトミーです。

KDDIから発表された、5G対応のWiFiルーター「Speed Wi-Fi 5G X01」のスペックについて解説いたします。

法人向け機種になりますので、残念ながら個人利用はできません。

ビジネスシーンで5G利用を検討されている方は参考にしてみてください。

Speed Wi-Fi 5G X01の特徴

  • KDDO初の5G対応WiFiルーター
  • 法人向け機種のため個人利用はできない
  • 通信規格は、au 4G/5Gと、WiMAX2+(4G)に対応
  • 最大通信速度が4Gモデルと比較すると約4倍にスピードアップ
  • WiFi6とUSB3.0に対応
  • バッテリーは大容量の4,000mAh

Speed Wi-Fi 5G X01はau初の5G対応WiFiルーター

Speed Wi-Fi 5G X01はau初の5G対応WiFiルーター

モデル名Speed Wi-Fi 5G X01
製造元SHARP
カラーブラック
対応通信規格(WAN)5G/4G LTE/WiMAX2+
最大通信速度下り最大:4.1Gbps
上り最大:481Mbps
連続通信時間4G LTE通信:約460分
5G通信:約220分
連続待受時間約240時間
最大同時接続台数18台(Wi-Fi:16台/有線LAN:1台/USB:1台)
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11ax (Wi-Fi 6 5GHz、2.4GHz)
IEEE802.11b/g/n (2.4GHz)
IEEE802.11a/n/ac (5GHz)
バッテリー容量4000mAh
有線LANポート2.5GBASE-T × 1
サイズ高さ:約84mm 横幅:157mm 厚さ:約16mm
重量約265g

KDDI初の5G対応WiFiルーター

KDDI初の5G対応WiFiルーター

画像出典:SHARP

KDDIの法人向けサービスとして、5G対応WiFiルーターがリリースされました。

カラーはブラックのみで、製造はSHARPが担当しています。

本体ディスプレイでは、データ消費量や接続機器の台数、バッテリー残量などが確認する事ができ、QRコードやWPSでのインターネット接続アシストに対応しています。

接続先のデバイスがWPS接続に対応している場合は、少ない操作手順で簡単にネット接続ができます。

au 4G/5Gと、WiMAX2+(4G)に対応

au 4G/5Gと、WiMAX2+(4G)に対応

画像出典:SHARP

WAN側の通信規格は、au 4G LTE、5G、WiMAX2+に対応しています。

5Gの電波はSub6(6GHz未満の周波数)と(28GHzなどの高周波数)ミリ波に両方に対応。

本体内部のアンテナは4×4MIMOに対応しています。

最大通信速度は、5G利用時の下り4.1Gbps、上り481Mbpsで、従来の4Gモデルから約4倍程度スピードアップしています。

2.5GBASE-Tの有線LANポート搭載

2.5GBASE-Tの有線LANポート搭載

画像出典:SHARP

本体横に2.5GBASE-Tの有線LANポートを搭載しているため、PCやネットワークカメラなどと有線接続すれば、ギガビットイーサネットの安定した通信環境を利用できます。

有線LAN利用中でも、WiFi接続の同時利用が可能です。

また、別売のスイッチングハブを使用すれば、複数人での有線接続も可能です。

WiFi6とUSB3.0に対応

WiFi6とUSB3.0に対応

無線LANの通信規格は、Wi-Fi6(11ax)に対応しています。

WiFi6はWi-Fi Allianceが定める最新のWiFi通信規格で、理論値上の最大通信速度は9.6Gビット/秒です。

また、USBインターフェースはUSB3.0(Type-C)を搭載しているため、専用アダプタでの充電の他に、パソコン使って充電する事も可能です。

バッテリーは大容量の4,000mAh

バッテリーは大容量の4,000mAh

バッテリーは4,000mhの比較的大容量のバッテリーを搭載しています。

しかしながら、4Gモデルと比べると待ち受け時間や、連続通信可能時間が少なくなっている点に注意が必要です。

5Gでの高速通信が可能な反面、バッテリーの消費が激しいため、搭載されているエコモードなどの機能を上手に使うようにしましょう。

【徹底比較】4GモデルSpeed NEXT W07との違い

トミー
製造メーカーのSHARPでは、4GモデルSpeed Wi-Fi NEXT W07の製造も担当しています。

どちらも法人向け端末という点では同じですが、Speed Wi-Fi以降の名称は、従来のNEXTから5Gに変更されています。

  • 4Gモデル:Speed Wi-Fi NEXT W07
  • 5Gモデル:Speed Wi-Fi 5G X01

4Gモデルからの変更点

  • 最大通信速度が約4倍のスピードにアップ
  • 連続通信時間と待ち受け時間が大幅に減少
  • Wi-Fiの同時接続台数は6台アップ
  • 充電時間が10〜50分延長
  • 本体のサイズと重量が増加
Speed Wi-Fi 5G X01

Speed Wi-Fi 5G X01

Speed Wi-Fi NEXT W07

Speed Wi-Fi NEXT W07

Speed Wi-Fi 5G X01Speed Wi-Fi NEXT W07
製造元SHARPSHARP
カラーブラックブラック
対応通信規格(WAN)WiMAX2+/5G/4GLTEWiMAX2+/4G LTE
最大通信速度下り最大:4.1Gbps
上り最大:481Mbps
下り最大:958Mbps
上り最大:75Mbps
連続動作時間4G LTE通信:約460分
5G通信:約220分
約1,180分
連続待受時間約240時間約1,410時間
最大同時接続台数Wi-Fi 16台Wi-Fi 10台
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11ax (Wi-Fi 6 5GHz、2.4GHz)
IEEE802.11b/g/n (2.4GHz)
IEEE802.11a/n/ac (5GHz)
IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz)
バッテリー容量4,000mAh4,000mAh
充電時間160〜230分170〜180分
USBインターフェースType CType C
サイズ約157 (W) × 84(H) × 16(D) mm約108 (W) x 72(H) x 15(D) mm
重量約265g約150g

auの5G対応エリアはこちらから確認できます。

【徹底比較】docomo5GルーターSH-52Aとの違い

docomoの5G対応端末、Wi-Fi STATION SH-52Aの製造もSAHRPが担当しています。

外観はソックリですが、どのような違いがあるのか比較してみました。

docomoのWi-Fi STATION SH-52Aは個人利用も可能です。

トミー
発表されている本体サイズと、外観・スペックを確認するとかなり近い仕様となっています。

恐らく筐体は同じ物を使用しているのではないかと考えられます。

Speed Wi-Fi 5G X01

Speed Wi-Fi 5G X01

Wi-Fi STATION SH-52A

Wi-Fi STATION SH-52A

モデル名Speed Wi-Fi 5G X01
(KDDI)
Wi-Fi STATION SH-52A
(docomo)
カラーブラックブラック
対応通信規格(WAN)WiMAX2+/5G/4GLTE5G/4G LTE/3G
最大通信速度下り最大:4.1Gbps
上り最大:481Mbps
下り最大:4.1Gbps
上り最大:480Mbps
連続通信時間4G LTE通信:約460分
5G通信:約220分
5G利用時:約290分
PREMIUM 4G利用時:約280分
LTE利用時:約400分
連続待受時間約240時間約200時間
最大同時接続台数18台18台
対応Wi-Fi通信規格IEEE802.11ax/11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11ax/11n/11g/11b(2.4GHz)
IEEE802.11ax/11ac/11n/11a(5GHz)
IEEE802.11ax/11n/11g/11b(2.4GHz)
バッテリー容量4000mAh4000mAh
サイズ高さ:約84mm 横幅:157mm 厚さ:約16mm高さ:約84mm 横幅:157mm 厚さ:約16mm
重量約265g未定

【最後に】Speed Wi-Fi 5G X01の特徴まとめ

【最後に】Speed Wi-Fi 5G X01の特徴まとめ

トミー
最後にSpeed Wi-Fi 5G X01の特徴をまとめてみましょう。

まとめ

  • KDDO初の5G対応WiFiルーター
  • 法人向け機種のため個人利用はできない
  • 通信規格は、au 4G/5Gと、WiMAX2+(4G)に対応
  • 最大通信速度が4Gモデルと比較すると約4倍にスピードアップ
  • 2.5GBASE-Tの有線LANポート搭載
  • WiFi6とUSB3.0に対応
【プロが解説】5Gの登場でポケットWiFiの未来はどう変わる?

続きを見る

人気記事【2020年最新】プロが選ぶモバイルルーターのおすすめ機種はコレだ!

人気記事【プロが解説】テレワーク(リモートワーク)に最適なポケットWiFiの選び方

当サイトおすすめプロバイダー

編集長の一押しはBroad WiMAX!

WiMAXの中でも5G対応のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を断トツでおすすめします。

WiMAXをおすすめする理由

  • 高周波数帯域の電波利用で帯域幅が広く高速大容量の通信が可能 
  • 全国のWiMAX独自エリアに加えて、au 4G・5Gのエリアを使用するため、通信速度と繋がりやすさの両方を実現
  • 2020年4月以降、帯域幅が全国で順次拡張されるためWiMAX2+のスピードがさらにアップ
  • 2022年秋以降、一部地域で5G対応のWiMAX3(仮称)がスタート

注意点

  • 3日で10GBもしくは15GBを消費した翌日は緩い速度制限がある(プランにより異なる)
  • オプションの通信モードは7GB/月もしくは15GB/月の制限あり(プランにより異なる)

Broad WiMAX

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の月額料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。

キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+とau 4G・5Gの高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。

他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

BIGLOBE WiMAX

おすすめポイント

  • 1年間の短い縛り期間
  • SIMのみの契約もできる
  • 端末とセットならキャッシュバック有り
  • 初月の利用料金は0円
  • BIGLOBEの他サービス利用中の方は割引有り

BIGLOBEのWiMAXは1年の短い縛り期間で、端末を既にお持ちの方はSIMのみの契約も可能です。

月額料金4,378円〜4,928円のギガ放題プラス1択で、ご利用には端末を購入する必要があります。

端末とセット申し込みの方は、サービス開始月の翌月にキャッシュバックが有るため、ある程度相殺可能です。

BIGLOBEの他サービスを利用中の会員への割引や、スマホがauかUQモバイルの方は、auスマートバリューmine、UQギガMAX月割の割引制度も使えます。

  • この記事を書いた人

トミー

通信業界17年目。現役バリバリの移動体通信エンジニア・Webライターです。 モバイル通信やIPネットワークの他に、海外の通信事情などにも詳しいです。 当サイトの記事を全て執筆、作図や動画編集も含め全て一人で行っています。 このサイトでは、最高のポケットWi-Fiに出会うための、お手伝いをしたいと思っています。 現役プロがお届けするポケットWi-Fiの情報サイトで、これ以上のサイトはありません。

-Wi−Fiルーター
-,