移動体通信エンジニアが速度や料金を徹底比較

ポケットWi-Fiのリアル

モバイル通信コラム

【プロが解説】5Gの登場でポケットWi-Fiの未来はどう変わる?

投稿日:2019年6月29日 更新日:

【プロが解説】5Gの登場でポケットWi-Fiの未来はどう変わる?

最近、新聞やニュースなどでも見たり聞いたりする機会が多くなって来た、次世代の通信規格5G(ファイブ・ジー)ですが、5Gの登場で社会が大きく変わると言われています。

私たちの生活や、ポケットWi-Fiの未来はどう変化するのでしょうか?

トミー
そもそも5Gって何?という人にもわかりやすく解説していきます!

5Gとはどんな通信?

5G(ファイブ・ジー)の大きな特徴として、以下の3本柱があります。

5Gの大きな特徴

  • 超高速
  • 超低遅延
  • 多数同時接続
トミー
凄くザックリ説明すると、通信品質が大幅に向上するので、今まで出来なかったような事が実現可能になります。

2020年代にはPCやスマホなど以外にも、私たちの身の回りのモノが、ネットワークに接続されるIoT(Internet of Tinings アイ・オー・ティー)社会に突入していきます。

5GはIoT社会の基盤を担う大変重要な生活インフラとして、さまざまな技術と連携することにより、生活に大きな変化をもたらすと予想されています。

5G対応の端末(スマホやモバイルWi-Fiルーター)で通信をする事になりますので、現在の4G対応のスマホで5G通信をする事はできません。

4Gとは何がどう違うの?

4Gとは何がどう違うの?

茂畑さん
通信品質が向上するというのは分かったんですけど、具体的にはどれくらい向上するんですか?
トミー
みなさんが2019年現在利用しているスマホやモバイルWi-Fiルーターは、4G(第4世代)です。4Gとの比較をしてみましょう!
通信規格4G5G
通信速度50Mbps〜1Gbps10〜20Gbps
同時接続数(km210万デバイス100万デバイス
遅延時間10ms1ms

4Gとの比較

  • 通信速度は4Gの20倍!
  • 同時接続デバイスは4Gの10倍!
  • 4Gの1/10の遅延時間!
トミー
実質的な通信速度は、現在の4G LTEと比較するとピーク時で100倍にもなると言われています。

5Gではどんな事が実現可能?

5Gではどんな事が実現可能?

モバイルネットワークが5Gに変化する事によって、新しい技術や新たなサービスがどんどん生まれてくるようになります。

3Gから4Gにイノベーションを遂げた際に、YouTubeなどの動画プラットフォームや、SNSが爆発的に普及したように、5Gになって急速に普及してくる分野があります。

低遅延

5Gになり遅延が少なくなる事によって、自動運転やVR(バーチャル・リアリティ)を使ったスポーツ観戦などが、急速に発展してくると言われています。

現在の4G通信を使用していて、あまり実感が無いかもしれませんが、通信の世界ではどうしても「遅延」が発生してしまいます。

具体的な例では、テレビの生放送などで海外と衛星中継を結ぶと、やり取りに少々の時間差が発生しているのを見た事があるかもしれません。

また、YouTubeのライブ配信などを利用した事がある方は分かると思いますが、やはりリアルタイムではない「モタつき」を感じると思います。

簡単に言うとこれが「遅延」の正体です。

5Gでは1msという遅延がほとんど無いに等しい状況のため、操作から実行までのスピードが格段に早くなります。

4Gの10msという遅延では実用化できる状況ではなかった、自動運転技術などに生かされる事になります。

同時接続数

同時接続数が増えると、今までインターネットに繋がるモノではなかったようなデバイスが多数接続できるようになります。

5GがIoT(アイオーティー)社会の基盤になると言われているのはこのためです。

今までは、PCやタブレット・スマホなどがネットに接続される主なデバイスでしたが、冷蔵庫や、エアコン、ウェアラブル・デバイスなど、様々な家電やモノが同時多接続でネットに接続可能となります。

スマートスピーカーなど、現在でもIoTデバイスはありますが、これらの普及が加速していく事になります。

家の中だけではなく、物流や、街の中のセンサー、実店舗での買い物などにも活用される事になります。

通信速度

4Gでは外出先でもスマホで動画を見られるようになりましたが、5Gでは映画が数秒でダウンロード可能になり高画質になります。

具体的には2時間の映画が、2秒でダウンロード可能になると言われています。

現在モバイル環境で動画を見るのは、ギガ制限に引っかかたり、ダウンロードが遅かったりして、どうしても外で動画を見る事を躊躇してしまう事がありますが、5Gではこの事象が解消されます。

通信速度が20倍〜100倍になると、動画なども軽い容量になりますので、現在の写真感覚でSNS上で動画がシェアされるようになったり、VR(バーチャル・リアリティ)や、AR(オーグメンテッド・リアリティ)などの分野が急速に発展してくるようになります。

トミー
ARとは身近な所だと、ポケモンGOなどの現実世界の情報にデジタル情報をプラスした現実拡張の事ですね。

今さら聞けない、紛らわしい3つのG(ジー)

今さら聞けない、紛らわしい3つのG(ジー)

通信の世界では、紛らわしい3つのG(ジー)があります。

同じGでも意味が全く異なるので、ちゃんと理解できているか答え合わせをしてみてくださいね。

①通信の世代を表すジェネレーション(Genaration)

「3G」や「4G LTE」などの通信規格を表すGは、Genarationの頭文字を取ったG(ジー)です。

使用例:5Gとは第5世代の通信規格です。

②容量を表すギガバイト(GB)

データ量を表す単位がGB(ギガバイト)です。スマホのデータ通信料制限○GBという言葉は皆さんにも馴染みがあると思います。

使用例:データ容量の上限は5GBまでです。

③周波数を表すギガヘルツ(GHz)

スマホやポケットWi-Fiのモバイル端末や、無線LANは電波を利用して通信をしますが、使用する電波の周波数帯域をGHz(ギガヘルツ)で表します。

使用例:Wi-Fiは2.4GHzと5GHzの帯域を使えます。

トミー
確かにこうして見ると、若干混乱を招くような所がありますよね。

ただ単純に「ギガ」と言われてしまうと、ギガバイトの事?ギガヘルツの事?ってなってしまいますよね。

ポケットWi-Fiの5G対応への動き

ポケットWi-Fiの5G対応への動き

2019年現在、WiMAXを提供するUQコミュニケーションズと、Y!mobileのWireless City Planning(ソフトバンク)は、4G LTEの既存周波数帯を5G利用するための技術的検討を進めています。

5Gが完全に使えるようになるには、基地局設備やネットワーク構成の変更、ユーザー側の5G対応Wi-Fiルーターを販売したり大きな道のりがあります。

サービスが開始されたとしても、5Gのエリアが完全に拡大されるまでには、それなりの年月を要する事になります。

  • 5G基地局やネットワークの構築
  • 5G対応のモバイルWi-Fiルーターの販売

特に通信事業者は、既存基地局の設備を4G用から5G用に変更したり、基地局と最寄りのデータセンターを結ぶ、バックホール回線の容量を現行の1Gから10Gに増強したり、多くの作業と設備投資をする事になります。

東名阪の主要都市から順次サービス提供を開始し、全国的にサービスエリアが拡大していく事になります。

UQコミュニケーションズが構想している、5Gのシステム構成イメージは以下の通りで、5Gのエリア構築が完全に完成するまでは、4Gと5Gの双方を運用して行く事になります。

R2.1がWiMAX2+、R3.0が5G対応のWiMAX3(仮称)です。

5Gのシステム構成イメージ

出典:UQコミュニケーションズ 技術資料より

発表されている5G対応のWi-Fiルーター

2019年現在、既に海外では5Gサービスが開始されている国もあり、メーカー各社からは5G対応のWi-Fiルーターが発表されています。

格安スマホ端末などで有名な、HTC社からは5G対応ポケットWi-Fi(スマート・ハブ)が発表されており、スマート・ハブというだけあって、OSにはAndroid 9 Pieを搭載した高機能デバイスとなっています。

また、ポケットWi-Fiや、ホームルーター端末で大きなシェアを占めている、Huawei社からは、ホームタイプの5G Wi-Fiルーターが発表されています。

ルーターとPCなどの接続機器間の通信規格も、最新のWi-Fi6(最大9.6Gbps)が利用可能になっています。

ちなみにWi-Fi5が最大6.9Gbpsなので速度も少し向上しています。

HTC 5G Hub

HTC 5G Hub

出典:htcホームページ

Huawei 5G CPE Pro

Huawei 5G CPE Pro

出典:Huaweiホームページ

WiMAX3はいつ発表されるのか?

2020年の7〜9月までには、何かしらの発表があると見ています。

WiMAXの規格策定には、3GPP、WiMAX Forum、ARIBという3つの機関が関わっていますが、前述のとおり、5G通信を利用したWiMAX R3.0(つまりWiMAX3)の準備が進められています。

総務省のホームページで公開されているUQコミュニケーションズの技術資料を見てみると、2020年度の第1四半期頃(4月〜6月)には、全ての標準化規格の策定が完了する見込みです。

WiMAXR3.0の標準規格策定スケジュール

出典:UQコミュケーションズ技術資料より

まとめ:5Gの登場で変わるポケットWi-Fiの未来

まとめ:5Gの登場で変わるポケットWi-Fiの未来

3Gから4Gに変化した時代を覚えている人も多いかと思いますが、5Gへのイノベーションはそれを越える大きなインパクトを与えます。

再度、5Gの要点をまとめると以下の通りとなります。

ポケットWi-Fiの5G対応に向けた動きは着々と進行中で、サービス開始は2020年以降の見込み。

5Gの通信は4G LTEと比べると、とにかく早い!

  • 通信速度は4Gの20倍!(実質的な通信速度は100倍にも)
  • 接続デバイスは4Gの10倍!
  • 4Gの1/10の遅延時間!

通信品質が向上する事によって、今まで出来なかったような事が実現可能になる!

  • 低遅延や高速通信を生かした、自動運転、やVR・ARなどの分野が発展してくる
  • 同時多接続で、家の中や街中の様々なモノや家電がネット接続される(IoT社会)
  • 高速通信で、2時間の映画が2秒でダウンロード可能
トミー
今まで空想の世界だった未来が、もうすぐそこまで来ていると考えると、本当にワクワクしますね!
茂畑さん
5Gってメッチャ凄い!面白くなりそうですね!

当サイトおすすめプロバイダー

Broad WiMAX

おすすめポイント

  • 業界最安級の料金
  • データ量上限なし
  • サービスエリアが広い
  • 高速通信で動画もサクサク
  • 最新ルーター全端末が無料

11/29まで!当サイト経由のお申し込みで6,000円キャッシュバック!

Broad WiMAXは高額キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が安価に設定されています。
キャッシュバックには面倒な手続きも多いため、毎月の利用料金を確実に安くしたい人におすすめのプロバイダーです。

通信品質はWiMAX2+での高速通信で、安定していてエリアも広いです。

また、サポート体制やサービス面も充実していて、20ヶ月超の継続利用で最新端末への機種変更が無料で可能など、おトクな特典が盛り沢山。
他社から乗り換えの場合は違約金を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

GMO とくとくBB

GMOとくとくBB -Wimax-

おすすめポイント

  • 高額キャッシュバック有り
  • データ量上限なし
  • 申し込んだその日に発送
  • 充実のサポート体制
  • 20日以内ならキャンセルOK

GMOインターネットの取り扱うWiMAX(とくとくBB)の最大の魅力は、なんと言っても高額のキャッシュバックです。

月額利用料金は若干高めですが、利用開始から12ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

運営会社は実績20年以上のインターネットプロバイダーで、端末保証やインターネットセキュリティなどのオプションサービスも充実しています。

機種代は全て無料。端末発送手続きは最短当日で、到着後すぐに利用可能です。

実際に利用してみてエリアや速度に納得いかない場合には、利用開始から20日以内であれば違約金なしでキャンセル可能です。

どんなときもWiFi

どんなときもwifi

おすすめポイント

  • 3キャリアの回線使用で繋がりやすい
  • 使い放題(無制限)
  • シンプルな料金体系
  • 国内・海外もこれ1台でOK
  • 最短即日発送ですぐ使える

どんなときもWiFiは、au・docomo・SoftBankのLTE回線を電波の強さによって自動選択し、常に最適化された通信を行います。

WiMAXが提供エリア外の場合、一番最初に検討したいサービスです。

クラウドSIMを使った次世代のポケットWi-Fiで、3キャリアの電波を使用するため、使えるエリアは必然的にポケットWi-Fiの中で最強となります。

データ容量に関しても、一般的には3日で10GBを消費した場合には制限が掛かる事が多いですが、どんなときもWiFiでは制限は一切無く、本当の意味で無制限を実現しています。

また、世界107カ国で使用できるため、海外利用時も面倒な手続きなしでそのまま利用可能です。

-モバイル通信コラム

Copyright© ポケットWi-Fiのリアル , 2019 All Rights Reserved.